本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

活動1:「5本の樹」計画による、地域の生態系に配慮した在来種植栽推進

「5本の樹」計画

緑豊かな賃貸住宅「シャーメゾン ガーデンズ」

「5本の樹」計画の考え方を賃貸住宅のエクステリア提案でも生かしています。「シャーメゾン ガーデンズ」と名付けている賃貸住宅では、「5つの環境プレミアム」を新たな指標とし、建物とともに敷地、周辺環境も含め良好な住環境を創造しています。

「5本の樹」計画の考え方を生かし 賃貸住宅の質を向上

ロゴ:Sha Maison Gardens

積水ハウスは、「5本の樹」計画の考え方を、賃貸住宅のエクステリア提案でも生かしています。特に、「シャーメゾン ガーデンズ」と名付けている賃貸住宅では、植栽計画は重要な意味を持ちます。

当社は、まちや自然、暮らす人の観点から敷地環境を高める「5つの環境プレミアム」(①街並みとの調和 ②自然環境の保存と再生 ③環境負荷への配慮 ④快適性を高める設計 ⑤安心・安全をもたらす設計)を指標とし、それぞれの項目に当社独自の厳しい評価基準を設け、数字で見える化し建物とともに敷地、周辺環境も含め良好な住環境を創造しています。このような優良な環境の物件は、入居者にとっての住環境を向上させるばかりでなく、オーナー様にとっても入居率や賃料に好影響を与え、資産価値を向上させることになり、将来まで選ばれ続ける賃貸住宅になります。

図:5つの環境プレミアム

既存の街並みや樹木など、その土地の歴史に敬意を払い、新たな「シャーメゾン」計画に生かしています

都市部の「シャーメゾン」計画では、既存物が多く残る敷地での建替計画が数多くあります。そのような計画では、既存の街並みや周辺環境との調和を図ることはもちろん、その土地の歴史を紡いできた既存樹や素材をできる限り生かした計画とすることで、土地の魅力を最大限に引き出すとともに、新築建物と相まって魅力を高めることで、地域に溶け込む「まちの財産」をつくります。

その土地の時間軸では、新築は一瞬の出来事です。新たに生産された樹木を植えることも同様です。本来なら何十年もかけてその土地で育っていく樹木。その土地の歴史に敬意を払いながら“今”の計画に生かすことで、現代に柔軟に対応し、新たな住まい方、新たなコミュニティを創造します。

東大阪市にあるシャーメゾン「keyakino-mori」は、現在の東映京都撮影所(太秦)の前身となる帝国キネマ長瀬撮影所の跡地にあり、幹線道路より少し外れた閑静な住宅街の一角で、新旧たくさんの樹木に囲まれ落ち着いた雰囲気の中たたずんでいます。

もともとはオーナー様宅の庭として利用されていたこの土地は、樹齢約100年のケヤキやクスノキ等が生い茂る森でした。計画ではその既存樹木を極力再利用することで、付加価値を与えることに成功しています。15m以上もあるケヤキは、シンボルツリーとして圧倒的な存在感を放ち、まさに計画地のシンボルとなっています。建物へ向うすべての人がシンボルツリーであるこのケヤキに向かうようにデザイン。やむなく伐採せざるをえなかった樹木は、モニュメントやベンチなどに加工し、アプローチ部に設置。新旧の木立のトンネルとともに、来訪者を心地よく迎え入れます。

写真:伐採した樹木でつくったオブジェ 兼 照明器具

伐採した樹木でつくったオブジェ 兼 照明器具

写真:圧倒的な存在感のケヤキ

圧倒的な存在感のケヤキ

写真:夜のアプローチ

夜のアプローチ

写真:ケヤキに向かうアプローチ

ケヤキに向かうアプローチ

緑化率を高め、環境価値の向上と緑を通じたコミュニティを育てる

入居者にとっても、緑豊かな環境は心地よく暮らすための大切な要素の一つです。入居者同士の自然な交流をはぐくむことができる緑に配慮し、緑化率10%以上を目標に、経年美化につながる緑の環境づくりを提案しています。近隣の人々とのふれあいを生むようなコモンスペースなどをそれぞれの敷地に合わせて計画。コミュニティづくりにも役立てています。また、建物は住棟間の距離や窓の配置などに工夫し、樹木も生かして外部からの視線を自然に遮ることができるよう、プライバシーにも配慮します。植栽する樹木は「5本の樹」を中心とし、生物多様性に配慮した計画を心掛けています。

写真:コミュニティをはぐくむ緑豊かな「コモンスペース」(1)

写真:コミュニティをはぐくむ緑豊かな「コモンスペース」(2)

写真:コミュニティをはぐくむ緑豊かな「コモンスペース」(3)

コミュニティをはぐくむ緑豊かな「コモンスペース」

「プラチナ ガーデンズ」を展開

賃貸住宅を対象としていた「シャーメゾン ガーデンズ」に、2015年からはサービス付き高齢者向け住宅・有料老人ホーム・グループホームなどの障がい者向けプラチナ物件も「プラチナ ガーデンズ」として展開しています。 シャーメゾン ガーデンズの評価基準を踏襲しつつ、④快適性を高める設計 ⑤安全・安心をもたらす設計 の項目にプラチナ事業ならではの基準として、入居者や運営スタッフの視点を盛り込んでいます。

2017年度は55棟2119戸を「プラチナ ガーデンズ」として認定しています。

兵庫県西宮市仁川町の緑豊かなエリアにたたずむ、サービス付き高齢者向け住宅「チャームスイート仁川」の計画地にはもともと大きな修道院がありました。

敷地の周囲はその修道院の建物を隠すように高木で覆われ、敷地内には四季折々に花が楽しめる花木や果樹などさまざまな樹々が生い茂り、森の中にいるような雰囲気を醸し出していました。今回の計画では、これらの樹木をできるだけ残しながら、新植の樹木も加え、新旧の樹木がハーモニーを奏でるような外部空間づくりに努めました。建物は中庭のあるコートタイプとし、食堂やエントランスなど施設内のどこにいても緑が眺められるように配慮しています。緑の助けを得ながら「施設」としてとらえるのではなく、「終の住処」としての上質な住空間を提供することができました。

写真:計画地の既存樹木をできるだけ残して利用したサービス付き高齢者向け住宅「チャームスイート仁川」(1)

写真:計画地の既存樹木をできるだけ残して利用したサービス付き高齢者向け住宅「チャームスイート仁川」(2)

写真:計画地の既存樹木をできるだけ残して利用したサービス付き高齢者向け住宅「チャームスイート仁川」(3)

写真:計画地の既存樹木をできるだけ残して利用したサービス付き高齢者向け住宅「チャームスイート仁川」(4)

計画地の既存樹木をできるだけ残して利用したサービス付き高齢者向け住宅「チャームスイート仁川」

  • CSV戦略① 住宅のネット・ゼロ・エネルギー化
  • CSV戦略② 生物多様性の保全
  • バリューチェーンを通じた顧客価値の最大化
  • CSV戦略④ 住宅の長寿命化とアフターサポートの充実
  • CSV戦略⑤ ダイバーシティの推進
  • CSV戦略⑥ 海外への事業展開

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2018

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史