在宅中の家での過ごし方調査

~with コロナ時代の新しいライフスタイルに対応するための在宅TIPS~

在宅中の家での過ごし方調査

積水ハウス株式会社は、新型コロナウィルスの感染拡大の影響により全国で外出自粛が広がる中、住生活研究所にて、その生活実態についての緊急アンケート調査「在宅中の家での過ごし方調査」を2020年5月に実施いたしました。

在宅中の家での過ごし方調査結果

在宅のストレスは女性の方が増加傾向。
在宅勤務では女性の家事負担増加が課題?

在宅時間増加により、ストレスが増えた人は全体で60.7%、男女別では男性:51.3%、女性:70.0%と女性の方がストレス増加傾向が高いという結果になりました。夫婦どちらかが在宅勤務をしている家庭は全体のおよそ半数(47.0%)で、アンケートに回答した本人が在宅勤務をしている人(29.3 %:調査対象 88 人)を対象に、在宅時間が増えたことで不満に思っていることについて聞くと、運動不足(37.5%)、家計の出費増(22.7%)、家事量の増加(20.5%)などがあがっており、特に家事量の増加については、女性が39.1%と、男性の13.8%よりも多く家事負担が増えたと感じ、それがストレス原因になっている傾向が見受けられました。

在宅時間増加によるストレス

  • 非常にストレスが増えた

  • どちらかといえば
    ストレスが増えた

  • どちらともいえない

  • どちらかといえばストレスは減った

  • 非常にストレスが減った

全体

60.7%がストレスが増えたと感じた

男性

男性の51.3%がストレスが増えたと感じた

女性

女性の70.0%がストレスが増えたと感じた

  • 非常にストレスが増えた

  • どちらかといえば
    ストレスが増えた

  • どちらともいえない

  • どちらかといえばストレスは減った

  • 非常にストレスが減った

在宅時間が増えたことによる不満(現在在宅勤務中 n=88)
  1. 運動不足になった(37.5%)

  2. 家庭でのストレスが増える(23.9%)

  3. 家計の出費が増えた(22.7%)

  4. 家事の量が増えた(20.5%)

  5. 自分の自由な時間が減る(19.3%)

男女別在宅時間増加による不満
家事の量が増えた男女の割合

今後も在宅勤務を望む人は8割以上。
時間の余裕と家族との時間増にメリット。

現在在宅勤務中(調査対象88 名)のうち、今後も在宅勤務をしたいと回答した人は86.4%と、8 割以上の方が在宅勤務を望んでいることがわかりました。在宅時間が増えたことで良かったと思うことについては、「時間に余裕が持てる」が50.0%、「通勤時間を気にしなくて良い」が45.5%、「家族とのコミュニケーションが増えた」「子どもとゆっくり話すことができる」、がそれぞれ39.8%となっており、時間的な余裕が生まれたことと、家族とのコミュニケーションが増えたことなどに在宅勤務のメリットを感じていることがうかがえます。在宅勤務には課題があるものの、メリットを感じている人が多いようです。

今後の在宅勤務意向(リモートワーク実施者)
  1. 時間に余裕が持てる(50.0%)

  2. 通勤時間を気にしなくて良い(45.5%)

  3. 家族とのコミュニケーションが増えた(39.8%)

  4. 子どもとゆっくり話すことができる(39.8%)

  5. 出かける準備にかける時間が減った(37.5%)

今後の在宅勤務意向(リモートワーク実施者)
家事の量が増えた男女の割合
  • 今後も在宅勤務を行いたい

  • 今後、在宅勤務を行いたくない

調査概要
調査時期:2020 年5 月 調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の20~49 歳の小学生以下の子どもがいる男女300 名(男性150 名、女性150 名)