住めば住むほど幸せ住まい

運動するには外に出かけないと!と思っていませんか?

不要不急の外出を控えたり、在宅勤務を始めたり。新型コロナウイルスの影響により、ステイホームが呼びかけられた今年。「春以降、あまり外出をしていないから運動不足かも…」「肩や腰の痛みが続いているのは、家で座っていることが増えたからかな」。

寒くなってきたこの時期は、ますます家に閉じこもりがちになってしまいます。「さらに体がなまってしまう」と、気になる方も多いのではないでしょうか。当社で「在宅時間が増えたことによる不満」についてアンケートを取ったところ、約4割の方が「運動不足になった」ことを不満点として挙げています。


外に出かけないから、運動できないのは仕方がないと思っていませんか?実は、工夫次第で家の中でも体を動かすことはできるんです。気になる冬太りも、おうちにいながら解消できるならうれしいですよね。


運動を続けるには、“簡単・手軽”が重要

時期や季節に関わらず以前から、運動したいけれどできていない人が半数以上もいることが当社のアンケートでわかっています。その理由として多かったのは、「忙しいから」「面倒だから」という声です。

つまり運動をするには、忙しい合間にできる “簡単さ”、面倒な準備や手間を必要としない“手軽さ”が重要なんですね。


運動に取り組みやすい「おうちでフィットネス」

そこでご紹介したいのが、積水ハウスの「おうちでフィットネス」です。

こちらは、自宅で気軽に運動ができるヒントがたっぷりのコンテンツ。運動空間、運動プログラムについてご提案しています。また、おすすめの運動アイテムも取り上げています。

例えば、壁に取り付けて使う「エクササイズバー」や「ぶら下がりバー」。
軽運動やストレッチ、筋トレなどを行う際に使用すると、バーが身体の支えになったり、ストレッチ効果を高めてくれたり。この1本で運動がぐんと身近になりそうです。

こうしたアイテムを使用するときの空間のポイントは、広々として明るいということ。気持ちも身体ものびのび開放できることが重要です。

とは言え、「そんなに広いスペースを取るのは、わが家では難しい」という方もいらっしゃるかもしれません。
専用のトレーニングルームを作るのもいいのですが、ちょっとした空間でも運動スペースは確保できます。

アイロンがけをしたり、洗濯物を干したりするための家事コーナーがあれば、アイロンが温まるまでのスキマ時間がストレッチタイムになりますよ。
すぐ横にベランダがあれば、開放的な外の雰囲気も感じられるので、より気持ちよく運動できます。

リビング横の畳コーナーを使うのもおすすめ。リビングで遊ぶ子どもを見守りながら、テレビを見ながら。自分時間を過ごせます。

「おうちでフィットネス」では、株式会社アシックス監修の運動プログラムがたくさんご覧いただけます。内容は、1日5分から始められ、限られたスペースでも行えるものばかり。少し時間が空いたときに、気軽に運動にトライしましょう!


冬太りが気になるけれど、寒いからジムに行ったり、外で運動するのは…。そんなときこそ、ちょっとした時間と空間を利用して自宅で運動する習慣を身に付けませんか?

「おうちでフィットネス」のサイトはこちらから。他の動画もぜひご覧ください。

他の動画はこちらから
COPYRIGHT © SEKISUI HOUSE, LTD. ALL RIGHT RESERVED.