住めば住むほど幸せ住まい

冬のお風呂上り、〝自分は我慢〟と思っていませんか?

ゆっくりと、リラックスする時間であるはずのお風呂タイム。「そんなにのんびりしていられない」という人も多いのではないでしょうか。

子どもと一緒に入ったときは、湯上りの子どもに薬やクリームを塗ったり、服を着せたり。お風呂タイムはとにかく大忙しですよね。

特に寒い季節は、子どもが風邪をひかないよう、早くしなくては!と焦りがち。狭くて寒い洗面室(サニタリー)ではやりにくさを感じて、「お風呂上りはリビングで子どもの着替えやスキンケアをする」というお母さんが約66%もいるんです。

せっかくお風呂で体が温まったのに、自分はバスタオルを体に巻いて子どものお世話…。「自分のことが後回しになるのは我慢するしかない」とあきらめていませんか?もし、洗面室が広くて暖かければ、そんなこと思う必要はありません。

広くて暖かい洗面室で湯上りのお世話にゆとりを

こちらの間取りでは、洗面室に小空間エアコン「ココタス」を設置して、いつも快適な温度をキープ。「子どもが風邪をひかないように」と心配しなくても大丈夫です。

さらに注目すべきはこの広さ。これだけのスペースがあれば、ゆっくり子どものお世話ができ、急いでリビングに走らなくてもいいですよね。

空間にゆとりがあり、お風呂上りに身につける下着やパジャマをしまう収納スペースを設けることも可能です。必要な衣類を子どもが自分で用意できるので、お風呂の準備も楽になります。

この広さを実現したのは、洗濯機の位置変更です。洗面室ではなく、2階のベランダ近くに洗濯コーナーを設けることで、洗濯をしてから衣類を干すのがスムーズになります。

入浴後の濡れたタオルは、洗面室に設置しているタオルウォーマーで乾かすことができます。

子どもだけではなく、大人にも優しい空間

お風呂上りのリラックスタイムを重視したこの間取り。
広くて暖かい洗面室なら、ご自身のお肌のケアや化粧をゆったりと行なえ、子どもだけでなく、大人にとっても好都合。子どもが大きくなって、横に並んで一緒に使うことができるのもうれしいですね。

洗面室も、一つの部屋。快適空間にして、子どもも大人もリラックスタイムを楽しみましょう。

積水ハウスでは、家事がもっとラクにできる、家族で家事を楽しめる住まいづくりの提案を行っています。詳しくはサイトをご覧ください。

トモイエ

COPYRIGHT © SEKISUI HOUSE, LTD. ALL RIGHT RESERVED.