住めば住むほど幸せ住まい

同居なんてメリットがない。と思っていませんか?

夫や妻の両親との同居、いわゆる二世帯同居は何かと考えることが多いもの。プライバシーの問題や生活リズムの違いからくるストレスなど不安材料の多い二世帯同居ですが、実は住まいの工夫次第で上手にクリアできるんです。

家族が満足できる二世帯同居の秘訣って?

積水ハウスの調査では二世帯住宅に暮らす子世帯の満足度は約7割!特にいざという時の安心感や、経済的なメリットを感じている方が多くいることがわかりました。
親世帯と一緒に住まいを作ることで、小さな子どものいる世代であれば、仕事に出かけている時に面倒を見てもらえるといった、子育て・家事など生活面での支援や、ローンが組みやすくなったり、同居後も生活費を削減できたりと経済面のメリットも期待できるようです。

負担を感じるのは、家族の距離感に合っていないからかも

とはいえ、親世帯や子世帯との同居はお互いに気をつかう必要があったり、生活習慣の違いがあったりと、負担になってしまうと思っている方も多いはず。
でもそれは、お互いの世帯間の距離感に合った住まいになっていないからかもしれません。世帯によって生活の形はそれぞれ。一緒に暮らすのであれば、それぞれの生活のリズムを保つプランを考えることが大切です。

大切なのは共有と分離のバランス

例えば、
〇キッチンは共有でも、世帯毎に冷蔵庫や食器棚、パントリーを分ける。
〇親世帯・子世帯それぞれが、気を遣わずに思い思いに過ごせる広いリビングを作る。
〇浴室は共有でも、洗面台と脱衣室を分けてお風呂に入っていても洗面所が使えるようにする。

など、家族みんなが集まる場所や共有のスペースにそれぞれが思い思いの時間を過ごせるような程よい距離感を保てる工夫をすることで、お互いの生活を守りつつ、家族が自然と寄り添える住まいが実現できます。

積水ハウスは家族の事情や将来の要望に応じた多世帯住宅プランを提案していますので、これから同居を考えるみなさん、今の同居スタイルを変えたいというみなさんは、「カゾク・ト・カゾク」のサイトを参考にしてください、

カゾク・ト・カゾク

COPYRIGHT © SEKISUI HOUSE, LTD. ALL RIGHT RESERVED.