住めば住むほど幸せ住まい

「収納は広い方がいい【2】」

前回は、収納スペースが広いだけでは、 便利や満足には繋がらないというお話でした。

http://bit.ly/2GteSDS?openExternalBrowser=1

では、使いやすくて便利な収納の条件&テクニックとは、どのようなものなのでしょうか。
今回は特に、リビング周りの収納についてご紹介します。

■皆さんのリビングでは、こんな困った現象が起きていませんか?

満足度の高い収納のお話をする前に、まずは満足に繋がらないふたつの「現象」についてお話しましょう。 ひとつめは「物のさまよい現象」。これは、つめきりやリモコンなどのみんながよく使うものが、いろいろなところに放置されていること。
もうひとつは「物の置き去り現象」。救急箱や裁縫箱など、リビングで使う頻度の高いものが、離れた場所に収納されていることで発生します。
この現象が起こっていると、いざ使おうと思っても見つからず、リビングがさらにゴチャゴチャに…。これでは探すことで幸せな暮らしにはなりませんよね?

皆さんのリビングでは、こんな困った現象が起きていませんか?

■物の「指定席」と「隠れ家」で、スッキリ&便利な収納を!

限られたスペースの中で、効率的に物を収納するために、便利なのが「指定席」と「隠れ家」の考え方。細かな物を常に収納しておく場所を作る「指定席」、放置されやすい物を目につかないように、でもしっかりと収納できる場所を作る「隠れ家」。
このふたつを駆使することで、スッキリとした整理整頓されたリビングに。

物の「指定席」と「隠れ家」で、スッキリ&便利な収納を!

■リビングを効率的に使う「リビクロ」

リビングは、頻繁に使う物が多い割に、大きな収納スペースの確保が意外と難しい場所ですが、一畳の小さな収納スペースでも意外と沢山のものが収納できます。小さくてもリビングに併設された「リビクロ」を作ることでスッキリ&便利な空間に。

リビングを効率的に使う「リビクロ」

※一畳でもこんなに沢山収納できます。

物の片づけやすさと取り出しやすさが両立すれば、暮らしの心地よさも大きく向上!もちろん満足度も大きく高まります。
こうした収納テクニックはリビクロのページでより詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください!

http://bit.ly/2tnTOqD?openExternalBrowser=1
COPYRIGHT © SEKISUI HOUSE, LTD. ALL RIGHT RESERVED.