工夫がいっぱいのピットリビングはまるで、子ども連れで楽しめるカフェ

キッチンから目が届くピットリビングは娘さんの遊び場としてはもちろん、ママ友たちが子ども連れで気軽に集えます。床の段差を利用して腰掛けたり、机代りになったり、下部は収納スペースとして活用。娘さんが自分で遊び道具を片付けるようになり、大人はリビングやダイニングでゆっくりくつろげるとか。「居どころが多い家なので、今は育児や仕事で忙しいけれど、時間ができたら楽しみが増えそう」と、夢がふくらみます。

吹き抜けと大きな開口部で開放的。フラットにつながるデッキで、外ゴハンも。

リビング・キッチン・ピットリビングは一体でありながら、空間レイアウトや家具の置き方で程よい独立感を実現。

淡いブルーのクロスが印象的な主寝室。造り付け本棚やウォークインクローゼット入口の白いアーチ枠もアクセント。

吹き抜けを介して階下とつながる2階ホールは、読書スペースとして計画。「もう一人子どもができたら、子ども部屋になります」

玄関からリビングへの表動線と土間収納を通る裏動線を確保。奥に見える土間収納の扉がアクセントにも。

お子様と入浴する時や室内干し時にも余裕がある洗面所。屋外干しもできるよう、軒が掛かったサービスヤードに出入り可能。

上質感をたたえる陶版外壁「ベルバーン」。ご主人が何度も庭木屋さんを訪れて吟味された植栽とも好相性。

物件データ

所在地

奈良県

家族構成

夫婦+子供(ご主人、奥様、長女)

施主年代

36~45歳

階層

2階

構造

商品

延床面積

129.75m² (39.2坪)

この実例に関連する条件検索