3階に暖炉のある暮らし。

駅近くで二方向道路の角地、商業地域という立地のO邸。開放的で気持ちの良い空間と、美しい外観の実現がテーマでした。商業地域であり南側隣地に7階建てがありながら、周囲からの視線・雑踏を気にせず、光と風を存分に感じ、暖炉とともに緩やかな時間の流れる空間づくりが実現しました。

薪ストーブはデザインや煙突の抜け方まで吟味された家のシンボル。暖炉脇には季節ごとの飾りつけをして。

床材に合わせて家具や建具などを木調にし、収納も確保。すっきりと美しいホテルライクな空間を演出。

2つのコートから取り込んだ光が外壁に反射、大きな窓とシースルー手すりを通して室内に回す巧みな仕掛け。

角地に建つスタイリッシュな4階建て。3,4階の2世帯居住ゾーンにはルーバーを貼り、アクセントに。

LDKとつながるコートの中庭は、坪庭のように飛び石や植栽を配して、家族に季節の風や色を運ぶ。

愛用のチェアやオーディオ、PCなどが配置されたご主人の書斎は、一人の時間を満喫する大人の空間。

地窓から明るさを確保すると同時にコートの緑も楽しめる広々とした玄関。 

4階建てならではのダイナミックなアクセントタイルが印象的。コーナーに立つ木や草花が街にも優しい。

物件データ

所在地

東京都

家族構成

多世帯(ご主人、奥様、ご長男、ご次男、お母様)

施主年代

56歳~

階層

4階

構造

商品

ベレオ

延床面積

724.41m² (219.1坪)

この実例に関連する条件検索