内と外の多彩な繋がりで光を操る平屋の住まい

カーブを描く道路に沿った敷地に建つ、緩やかな屋根の平屋。オーナーの要望は、プライバシーを守りつつ光がいっぱいに入る明るい家。そこで庭に向けて開口を大きく開き、庭とリビングが一体化したような開放感を創り出しました。深い軒によって直射日光を遮りながら、テラスや床に落ちた柔らかい光を室内に取り込み、高窓からの光が勾配天井を照らすことで、戸外の木漏れ日の下にいるような気持ちのいい空間になりました。

リビングは片流れ屋根の形状に合わせた勾配天井に。天井が高くなった吹き抜け部分にはスリット窓を設けた。

フラットなデッキから室内の床のタイルへと境界を曖昧にして、室内外の連続感を高めている。

光の表情を美しくとらえ、こだわりの木や石の素材のナチュラルな風合いをいかすために、白が基調のインテリアに。

庭とはフラットにテラスでつなげ、平屋ならではの自然との近さを活かした、気持ちのいい空間をつくる。

勾配吹き抜けの高窓から中廊下にも光が届き、家全体を包み込む。

玄関にも美しい緊張感が漂う。正面の窓から真っ直ぐに視界が抜け、イロハモミジが四季折々の美しさで出迎えてくれる。

玄関アプローチは南側コートとつながり開放的に。ガラスをはめ込み、視線の抜けとプライバシーを両立。

玄関とガレージにかかる屋根は2.5寸勾配とし、低重心でわらかなフォルムに。上品な存在感を実現。

物件データ

所在地

岐阜県

家族構成

夫婦+子供(ご主人、奥様、長女、次女、長男)

施主年代

46~55歳

階層

1階

構造

商品

延床面積

151m² (45.7坪)

この実例に関連する条件検索

関連する暮らし方