屏風から生まれる、街と暮らしの心地いいつながり

2枚の屏風の間から緑と暮らしのぬくもりがあふれるT様邸。屏風とは、敷地中央に立てた幅4mと2mの壁のことで、周囲の住宅や道路からの視線をカットしつつ、家の中からは道路向かいのサクラに自然と目が向く仕掛けです。「夜は照明を落として、庭を眺めながらお酒を飲むのが最高です」とご主人。デッキの活用度も高まり、「夏はプールを出して水遊び。息子が大喜びです」。建具をできるだけ減らしたワンルーム感覚の住まいは、後から壁を立てたり家具を置いたりと、家族の暮らし方に合わせて変えられる「つくりすぎない家」でもあります。佇まいがシンプルなぶん、照明やエアコン、スイッチ・コンセント類が外に出てこないよう工夫し、空間そのものの美しさを追求。「要らないものが削ぎ落とされた気持ち良さ。必要なものしか持ちたくない僕らの暮らし方に合っています」と、ご主人も気に入っておられます。

8mの全面開口を実現。垂れ壁を設けてサッシ上部を見せないことで、窓が上まで続いているように想像させる

主寝室のある2階もワンルーム感覚。正面に見える箱型のウォークインクローゼットを中心に、将来は子ども室がつくれる

広めの洗面所は、椅子に腰掛けて洗濯物をたたんだり、アイロン掛けができる

街と暮らしの中間領域であるデッキ。「読書したり、天気のいい日はゴロンとするのも気持ちいい」とご主人

屏風の間からあふれ出す豊かな植栽。ご家族だけでなく、近隣の方やまちなみにも癒しをもたらす

屏風を立てることで住まいと街が正対する緊張感をやわらげ、やさしい表情を醸し出すT様邸

物件データ

所在地

愛知県

家族構成

夫婦+子供(ご主人、奥様、長男)

施主年代

~35歳

階層

2階

構造

商品

延床面積

124.12m² (37.5坪)

この実例に関連する条件検索