中庭を介してつながる、子世帯と親世帯のほどよい距離感

多世帯のY様邸は、ダインコンクリートの外壁に中庭のシンボルツリーの葉陰が自然の癒しを添えます。「二つの世帯をどうくっつけて、どう離すか」をポイントに設計された住まいは、コの字型の西側は幼いお子様のいる子世帯、東側はお父様とおじい様が住む親世帯となっています。住まい内部でのつながりは2階の共用和室からのみという独立性を尊重した造り。その分、両世帯のLDからは中庭を介して、さりげなく様子が伝わるよう計画されています。子世帯のLDは「いつも子供を見守れるように」アイランドキッチンを採用。親世帯はしっとり落ち着いた内装に。ほどよい距離感がちょうどいい二世帯です。

ワンルームで使いやすい子世帯のLDK。ソファの後にはオープンなスタディスペースも

将来は可動間仕切収納「ヴァリエス」で2室に分けることのできる子ども室

両世帯の中間にあるシンボルツリーのある中庭は二世帯の交流の場

2階にある和室は親世帯と子世帯共有の客間としても活用

親世帯のLDKはアクセントクロスや隣接する和室で落ち着きを演出

洗練されたツートンのダインコンクリートの外壁を植栽が彩る

親世帯の玄関は、おじいさまの畑に近く行き来も便利

子世帯の玄関は、駐車場から近く買い物に便利

物件データ

所在地

東京都

家族構成

多世帯(祖父・父、長男、長男の妻、長女、次女)

施主年代

~35歳

階層

2階

構造

商品

延床面積

268.92m² (81.3坪)

この実例に関連する条件検索