市街地でプライバシーを確保しながら開放感を実現したコートプランの家

市街地で2面が道路に面した利便性の高いロケーションながら、心配なのはプライバシー。「カーテンを締め切って生活したくない」という奥様のご要望で、コートプランを前提にプランニング。2階のLDKはコートを囲むようにL字型に。コートに向けた開口部は足元までの窓で、ダイニングからは目の前に庭木が眺められ、冬にはメジロが来て間近に見ることができる。道路側の開口部はスリット窓などを利用してプライバシーを確保。また、インテリアにもこだわり、LDK床には無垢のチーク材を採用。キッチンの吊り戸棚、リビングの収納家具などは、無垢のウォルナット材で作り付けに。コートからの風と光で満たされるLDKを暮らしの中心に考えたお宅です。

1階お客様用トイレ。コートに面して地窓を設置。

3階個室前の廊下には、カウンターを設置。ゆとりのスペース。

ダイニングにはチーク無垢材を使用。奥はリビング。

玄関に入ると、正面窓からコートに視線が抜ける。

コートに面したリビング。右手奥がダイニング。

アイランドキッチンに立った位置から、窓の外もリビングも見渡せる。

リビングの作り付け家具は、キッチンと共通のウォルナット素材。

ビルトインガレージ。

物件データ

所在地

広島県

家族構成

夫婦+子供(ご主人、奥様、長女、長男)

施主年代

36~45歳

階層

3階

構造

商品

延床面積

195.87m² (59.3坪)

この実例に関連する条件検索