私のファミリー スイート 特別編  ACTUS × 積水ハウス 対談

インテリアから発想するファミリー スイート
「“日常がいちばん幸せ”になる家」

インテリアショップACTUSがファミリー スイートの空間を考えたら……。
「家族のための自由な大空間」というコンセプトが、ぐっとリアルかつ、
毎日の小さな幸せが生まれるハッピープレイスになりました。

ACTUSが提案するイズ・ロイエの展示場のインテリアデザインをCGでバーチャルに体験。

ACTUS
クリエイティブディレクター
荒木正則

積水ハウス
左から、
中原潤平(商品開発部)
村井 暁(展示場設計担当)
河崎由美子(住生活研究所)

インテリアデザインのコンセプトは“(こも)り”!?

ACTUS 荒木 インテリアの装置として考案したのは、ショップの店内と同じ、スチールにガラスを組み合わせた什器です。大空間の見通しのよさを活かしながら、ゆるやかに仕切り、大きな空間の余白を維持しながらも、路地的な小空間に新たな価値を加えていく…。

積水ハウス 村井 スチールのパーティションの一部が可動して扉のようになってますね。


ACTUS 荒木 そうなんです。閉めれば、シアターリビングができたり、グリーンルームやライブラリーにもなる。パーティションで囲まれたスペースに好きな椅子を置いて、読書を楽しむ居場所にしてもいい。


積水ハウス 中原 大空間の中なのに“(こも)れる場所”があるっていいですね。


ACTUS 荒木 好きなところにグリーンを吊るすことができるので、視線をほどよく遮ることもできます。視界を遮らないパーティションとグリーンを自由に配置して、「家族の気配を感じながら好きな場所で(こも)れる」。これが、インテリアから考えた私なりのファミリー スイートのコンセプトなんです。

スチール×ガラスで仕切られたACTUS店内

ゆるやかにパーティ―ションで仕切られた空間

エントランスのスチールフレームと連動した大空間のパーティション。家具はフリッツ・ハンセンなど北欧のテイストに。

ACTUSが考えた空間づくりの3つの核心

ACTUS 荒木 まず、空間に「余白」をとることが重要であると考えました。京都に行くと、日本文化は余白文化である、と、思い知らされる。外国人観光客はみな龍安寺の石庭の前に圧倒されます。何物にも埋め尽くされることのない余白の美。あの中に人は宇宙を見出すのでしょう。欧米にはあまりない価値観です。


積水ハウス 中原 和の家屋では、広縁や土間に日本文化のDNAを感じます。ご近所が集まって過ごしたり、子どもが気に入って遊ぶ間になってたり…。


積水ハウス 村井 余白の「ゆとり」こそ、「豊かさ」に他ならない。余白の空間があるからこそ、未来の暮らしをそこで叶えられると思える。家族が夢を見られる空間なんだと思います。


ACTUS 荒木 だから、リビングに大きなソファを置かずに、思い切ってクッションだけにして、床にゴロッとして過ごしたっていいんじゃないかなって。これじゃあ家具が売れませんけど(笑)

ACTUS ローテーブル

ACTUS 荒木 もうひとつ大切に考えたことは「求心力」。ACTUSのロングセラー商品の中に実はちゃぶ台のような木製のローテーブルがあるんです。意外でしょう? 丸いテーブルってなんとなく家族が集まってしまうもの。北欧のダイニングも丸いものが多いんです。囲炉裏端のように、家族が自然に集まってくる場所は家の中でいちばん安心できるところなのではないかと。


積水ハウス 河崎 求心力こそ「家族のつながり」ですよね。住まいの中で人はくぼんだところに自然に集まってしまうし、高いところがあったら上ってみたくなる、明るいところに引き寄せられる…本能だと思います。互いに支え合って生き抜くために、集まって寄り添って助け合って生きていく。

積水ハウス 中原 ちゃぶ台の求心力を設計で表現すると、広縁のような役割の間をつくることでしょうか。私は空間の高さを人の拠り所として求心力を考えています。空間で過ごす人の目線を考えるんです。キッチンに立った人、遊ぶ子どもの視界、ソファに座った時と立った時の目線などを。そうして敷地の中に目線の効果を配慮した環境をつくっていくんです。例えば窓際をベンチの位置に上げてみると、そこが人が集まる拠り所になったりするんです。


ACTUS 荒木 最後のポイントは「心地よい狭さ」。大空間のファミリー スイートなのに、矛盾してる?でも、これが肝心なんです。ホテルに泊まってロビーで本を読んでいたとします。でも、なんだか落ち着かない。やっぱり部屋に戻って読んだ方がいいかな…と。時に狭い空間にいた方が安心することってありませんか?だから、大空間の中でも(こも)れる場所があったらいいんじゃないかと。


積水ハウス 河崎 以前アンケートをとったら、「囲われ感がある空間が好き」という大人がとても多かったんです。特に50代で(笑)。少年の秘密基地のような感覚、ずっと持ち続けてるのかもしれません。


積水ハウス 村井 実際、LDKの一部に書斎コーナーを設けると、特に男性の方はとても満足されます。


ACTUS 荒木 個室として隔離されているより、家族の気配を感じながら(こも)れる場所がいいんです。そこに小さいテーブルとスツールがあるだけでもいい。

(こも)り感もインテリアで工夫

積水ハウス 村井 (こも)り空間も家族の成長によって可変できるのが理想的ですよね。


積水ハウス 中原 家族の成長を見越した(こも)り空間を提案することは大切ですよね。人生100年時代となると、お客様が想像することが難しいずっと先のことを私たちがコメントしていかなくてはならない。ピアノを弾かれている若奥様に将来、お子様が同じようにピアノを弾かれたら…と、ピアノスペースのご提案すると、とても喜ばれました。そこから夢が広がって未来の暮らしをあれこれ考えられるようになるんだと思います。

「家の中がいちばん幸せ」になるように。

ACTUS 荒木 日本人にとって「幸せ」を問うと、旅行に行ったこととか、特別なことをしたとか、非日常が幸せであると思っている人が多いかと思うんだけど、北欧のデンマークでは「ヒュッゲ(Hygge)」という価値観があって、「家の中で家族がほっこりとした時間を過ごすこと」と、ぼくは理解しています。幸せはモノの所有ではなく、時間の使い方ですよね、若い人はもう気づいていると思うんだけど。


積水ハウス 村井 幸せの尺度は時代によって変わるもの。昔はマイホームがあって、リビングがあって、テレビがあったら幸せだった。今は、テレビがあっても幸せとは言えません。人が集まって、いっしょに過ごすことこそが幸せなんじゃないかと思うんです。私たちは装置に頼らない幸せの提供をしていきたい。まだこれからですが、ファミリー スイートが成長して、ここで育った子どもが「ここがふるさと」と思ってくれたら本望です。


積水ハウス 中原 お客様と時間軸を共有し、担当したお住まいでの様子や感想を聞くと、自分もすごく幸せな気持ちになるんです。家族での共感を超えて、住まいの提供者にも幸せが共有できるものだとはじめて知りました。


積水ハウス 河崎 ファミリー スイートが目指す幸せは「日常の幸せ」なんです。家を訪れた人に「いい家」と言われて幸せな暮らしに改めて気づかされるような。季節を経た庭に咲いた花を喜んだり、毎朝使うマグカップを手にして愛着をかみ締めたり…。日々の幸せを思い出させてくれる、そんな暮らしがここで展開されていくことを望んでいます。


ACTUS 荒木 幸せな暮らしのイメージ、まだまだ伝えきれていないと思う。まずは自分が幸せな暮らしを体験して、「家の中で心地よく過ごすことがいちばんなんだ」ということを伝えていなくちゃいけないと思ってます。

ACTUS
クリエイティブディレクター
荒木正則

アクタスのショップデザインや多くの商業建築のインテリアを担当。インテリア誌『ACTUS STYLE BOOK』、『123人の家』の編集長でもある。インテリアから発想した積水ハウスとの共同住宅「生活を遊ぶ家」でグッドデザイン賞受賞。住宅・マンションから商業施設まで広く心地よい空間づくりに活躍。

積水ハウス商品開発部
中原潤平
支店で設計を担当。約300棟を手掛ける。関東住まいの夢工場の「イズ・ロイエ」の設計を経て、現在、商品開発部着任。「人間」「空間」「時間」の3つの間をテーマに全国の商品モデルのコンセプトづくりに従事。

積水ハウス展示場設計担当
村井 暁
和泉中央展示場「イズ・ロイエ」設計。技術者・設計士として携った時期を経て、現在、営業マンとして家づくりのトータル窓口を担当。「家づくりとはお客様の幸せを形にすること」をモットーに、家づくり、暮らし提案に励む。

積水ハウス住生活研究所
河崎由美子
子どもの生きる力を育む「コドモイドコロ」、収納問題を解決する「収納3姉妹」などを開発し、2018年発足の研究所所長として「幸せな暮らし」を研究。数値やデータでは表現できない幸せ感を追求し、「住めば住むほど幸せ住まい」の実現を目指す。

今回コーディネートした展示場

積水ハウス 和泉中央展示場
大阪府和泉市唐国町3丁目18番50

営業時間/10:00~18:00 定休日/火曜日・水曜日 電話/0725-51-1337

記事一覧

おもてなし夫婦ユニット
「てとてと」さん

「場」×「食」がうみだすコミュニケーション。

小野リサさん

「音のある暮らし」が家族をつなぐ。

安藤僚子さん

ようこそ!「おうちアトリエ」へ

ニコライ バーグマンさん

「食事」と「花」が家族時間の中心

野沢和香さん

毎日を自分らしく!家ヨガライフ

SHIORIさん

キッチンが“顔”になるリビング

平野啓一郎さん

"好きな自分"になれるリビング

特別編

インテリアから発想するファミリー スイート 「“日常がいちばん幸せ”になる家」

導入編