ジョンと学ぼう!vol. 03 水や食べ物を選ぶように、空気も選ぶ 住まいの空気環境を守る「エアキス」とは?

こんにちは!
僕はジョン。ご主人と一緒にイズ・ロイエの家に住んでいるんだ。
この家を建てたときご主人が「子どものためにも“エアキス”を取り入れて、キレイな空気の中で育ててあげたい」って言っていたなあ。「エアキス」って何なんだろう。一緒に学んでみよう。

「エアキス」は、積水ハウスの独自基準の空気環境配慮仕様です。
1日に呼吸する空気量を体重1kgあたりで比較すると、子どもは大人の約2倍の空気を摂取すると言われています。
エアキスは、子どもを基準に、住宅において最も対策が必要なホルムアルデヒドをはじめとした5つの物質(※)に対して、厚生労働省が示す指針値の2分の1以下の数値に抑えることを目指しています。


(※)ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレンの5物質。

一日に呼吸する空気量のイラストです。体重1kgあたりで比較すると子どもは大人の約2倍の空気を摂取しており、その分空気の影響が大きいと考えることができます。

エアキスが対象とするのは、品確法の住宅性能表示制度で定められた上記5種類の化学物質。厚生労働省の指針量の1/2以下を目指しています。

「選ばれる空気」を備える住宅へ

子どもは大人よりたくさんの空気が必要だから、それを基準にしているんだね。じゃあ、どうやって空気をキレイにしているのかな?

kodate_08_pc_Chg.jpg

エアキスは大きく2つの考え方から成り立っています。ひとつは「化学物質の抑制」。
化学物質の室内濃度を国基準の2分の1に抑えることができているのは、有害物質を出さない部材や有害物質を吸収する機能がある内装材を使っていることが挙げられます。
例えば「su・yucaファブリックフロア」は、有害物質を出さず、エアキス仕様にも対応しているうえ、汚れた部分を外して洗うことができる500ミリ角です。
また、素肌に優しい柔らかな風合いはペットの足腰に負担をかけず、ケガから守ってくれるなど、人にもペットにもやさしい点が魅力です。

エアキス対応のファブリックフロア。「抜け毛が舞いにくい」「消臭加工でニオイを軽減」「ペットの足音が響きにくい」など、人もペットも快適な居どころ作りをサポートします。

僕にも優しい環境を作ってくれていてとっても嬉しいな!

エアキスのもうひとつの特徴は「換気・空気清浄」です。自然の力を最大限に活用した自然換気タイプをはじめ、空気清浄機能がついたタイプや温湿度コントロールタイプなど様々なラインアップから、家族構成や暮らし方によってセレクトすることができます。


国(厚生労働省)が定めた測定方法で、竣工時にはリビングと子ども部屋の2箇所で濃度測定を実施。データは第三者機関で分析後、空気環境の性能評価証をお渡しするので、安心して新しい暮らしをスタートさせることができます。

ちゃんと検査までしてくれるから安心だね。
家族みんなでキレイな空気の家で過ごせるっていいね!

ジョンについて

ジョンのプロフィール
積水ハウスの鉄骨住宅ISシリーズで暮らす家族の一員。
とにかく人懐っこい性格で、家族はもちろん、お隣さんや家族の友人、
お散歩で出会う人など、人間が大好きなジョン。
でもやっぱり家族と過ごす時間が一番。
少しでも一緒に過ごしたいから、みんなの帰りをいつも心待ちにしています。

ISシリーズについて

強く美しい外壁材「ダインコンクリート」に包まれた邸宅「イズシリーズ」。 自分らしく、わが家らしく豊かな暮らしが多彩に広がります。

「IS」の由来
「IS」とは英語のbe動詞で、「存在」を表現する言葉。
同時に、鉄骨軸組工法を統合した究極のシステム「Integrated System」と なるようにとの願いをこめて作られました。

詳しくはこちら