グリーンファースト ゼロ

「グリーンファースト ゼロ」で先進のエナジーフリーを。

kodate_02.jpg

※積水ハウスの「グリーンファースト ゼロ」は、国のZEH基準に合わせた仕様・評価方法でエネルギー削減と創エネを実現します。

積水ハウスZEH(※1)「グリーンファースト ゼロは、快適な暮しを維持しながら、高い断熱性と省エネ設備により消費エネルギーを大幅に削減。一方で、太陽光発電など先進の創エネ設備により、必要な消費エネルギーに相当するエネルギーを創り出しエネルギー収支「ゼロ」(※2)を目指します。

  • 1 「ZEH(ゼッチ)」とはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称です。
  • 2 平成27年1月経済産業省 資源エネルギー庁「ZEHロードマップ検討委員会」とりまとめの評価方法に基づいています。

未来の暮らしを叶えるのは、最新の技術とアイデアです。

①太陽光発電

エネルギー自給で節電と家計に貢献

瓦型の太陽電池モジュールにより、複雑な屋根形状でも隅々まで利用し最大の効果を実現する太陽光発電。

➁燃料電池

パナソニック製/PEFC(左)とアイシン製/SOFC(右)

お湯と電気の両方をつくり一石二鳥でムダがない

ガスでお湯をつくりながら、同時に電気もつくる燃料電池「エネファーム」。雨や曇りの日でも安定的に発電でき、たっぷりお湯も使えるので効率的です。

➂蓄電池

万一の場合にも安心の暮らし

日常は安価な深夜電力を蓄電し、昼間に放電することで電気代を低減します。また、非常時には太陽光発電の余剰電力を蓄電し、夜間に使用できる安心の設備です。停電時には、太陽光発電や「エネファーム」と連動して、 事前に設定した照明やコンセントに電気を供給します。

➃HEMS

置型/壁掛けタイプの例

エネルギーの見える化で、省エネ生活をサポート。

HEMSとは、Home Energy Management Systemの略。これまで見えなかった家庭のエネルギー使用状況の「見える化」や家電機器などの制御ができます。積水ハウスでは、3電池(太陽光発電・燃料電池・蓄電池)の見守りサービスで、お客様の暮らしをサポートします。

➄V2H

EVのフル充電でほぼ2日分の家の電気を賄うことが可能。(オール電化の場合)

電気自動車を電池として利用する先進のシステム(Vehicle To Home)。車が使用されていると使えないという弱点もありますが、安い深夜電力で充電し、日中に住宅に給電すれば光熱費の削減も可能です。供給出力が大きく停電時にエネファームを起動させたり、IHクッキングヒーターでの調理も可能です。室内側のリモコンからの操作で電気自動車の充電量、給電量、電力使用状況などが確認できます。停電時に太陽電池や燃料電池の電気を電気自動車に充電することはできません。

➅LED照明

電気代も、交換の手間も減らすために

白熱灯と同等の明るさで、電気代もCO2も削減。しかも、従来の白熱灯に比べて約20倍という長寿命で、交換の手間を軽減できることも魅力です。

⑦高効率エアコン

我慢しなくても、快適に暮らすだけで省エネはOK!

省エネ設備機器を積極的に提案。快適な住み心地とともに、確実な省エネと光熱費やCO2の削減も目指します。

⑧高効率給湯システム

エコジョーズ(潜熱回収型給湯器)

エコキュート(ヒートポンプ式給湯器)

ハイブリッド給湯・断熱システム

ムダをなくした給湯で光熱費もCO2排出量も削減

家庭でのエネルギー消費の約1/3を占める給湯、高効率給湯システムなら、従来の給湯器と比べて少ないエネルギーでお湯を沸かすことができ、エネルギー消費を効率良く削減できます。

グリーンファーストゼロ+R(レジリエンス)

家が「創る」「賢く使う」
エネルギー収支ゼロの暮らしをご紹介しています。