グランドメゾンTOP > グランドメゾンとは > gm > 福岡・六本松

gm

福岡・六本松

路線地図

 九州大学六本松キャンパスのある福岡市中央区六本松。福岡の中心である天神から、先頃開通した地下鉄「七隈線」でわずか8分ほどにある街です。九州大学の歴史ある校舎とは対照的なモダンなデザインの六本松駅を出ると、「学生の街」と言われるだけあってエネルギッシュな空気に満ちています。春のやわらかな陽射しを感じつつ、大濠公園まで足をのばすことにしました。
 メインストリートである城南線から一本中に入ると閑静な街並みが続く六本松。この街は80年以上の歴史を誇る図書館があったり、戦前から高等教育施設が立地していた街ですが、ここ数年で落ち着いた佇まいのバーやブティックが多くなり、駅周辺とは趣の異なる“大人が愉しめる街”へと変化しているようです。六本松には、古いものを大切にしながら独自の新しい大人のカルチャーを育む土壌があるのでしょう。
 途中、開業したてのオープンカフェで寛ぎ、爽やかな気分のまま大濠公園に到着。福岡城趾の側に昭和4年に開園して以来、永く市民に親しまれてきたこの公園は、天神からわずか2キロの場所にありながら人々をほっとさせてくれる穏やかな雰囲気が漂っています。
 新駅からスタートした、変わりゆく街を楽しみながらの散歩。新たな発見に満足し大濠公園をあとにしました。

写真

大好きな六本松を、もっと文化の薫る街にしたい。

「松井源右衛門 油絵記念館」オーナー 松井哲也さん
 六本松は私の生まれ育った街。都市開発などで、ずいぶん様変わりしましたが、古き良きものもたくさん残る街です。大濠公園や福岡市美術館にもほど近く、もともと自然・文化にふれることができる恵まれた街なのですが、これまで交通の便の悪さも影響してか“通過点”に過ぎなかったことがとても残念でした。地下鉄が開通したことで、もっと人々が六本松に足を止めてくれるようになればと願っています。私がこの記念館をオープンした理由は、この大好きな六本松が、芸術や文化と身近にふれあい、感じることができる場所になればとの思いからです。