グランドメゾンTOP > グランドメゾンとは > gm > 名古屋・上社

gm

愛知県名古屋市名東区 名古屋・上社 自然の息吹と歴史の薫り。穏やかで緩かな丘の街。

 高度経済成長のさなか、主要な高速道路の整備や地下鉄東山線の延長など交通網の発達によって、名古屋市の東の玄関口として驚異的な発展を遂げた「上社」。名古屋の中心地である「栄」から地下鉄東山線で20分足らずという利便性に加え、潤い豊かな公園が点在する穏やかな街並みを、過ぎ行く夏の風に身を任せ、ゆっくりと歩いてみました。

 上社駅に降り立ったのは午前9時。文化ホールやレクリエーションルームが併設されたターミナルを抜け駅前通りを歩いて行くと、少し奥まった場所にポツリと佇む素敵なカフェを見つけました。とても落ち着いたインテリアと、おしぼりの熱さを気遣うアットホームな雰囲気のこのカフェは、この地にお店を構えてもう20年以上とのこと。よく冷えたアイスカフェオレをいただき、身体をシャキッとさせたところで、まずは公園散策へ。駅前通りから南に向かって緩やかな坂道をのぼっていくと、高台に広がる閑静な上社の住宅街に出ました。振り返ると眼下に街並がパノラマサイズで広がっています。そして彼方には山々の稜線が幾重にも重なって横たわり、東名阪自動車道がその穏やかな風景にアクセントを与えています。素晴らしい光景です。この閑静な住宅街には「上社公園」と「貴船公園」という2つの公園があります。どちらの公園でも、木漏れ日のなかベビーカーを引く若い家族や、木陰のベンチで文庫本を読む老紳士の姿を見かけました。秋の訪れを感じる穏やかな昼下がり、なんだか時間が止まったような静かな幸福感を感じながら、次は歴史散策へ。

 上社が位置する名古屋市名東区は今年23年目を迎えた若い街ですが、この地には古くからの文化遺跡や史跡がいくつも残っていて、区内には気軽に楽しめる史跡散策路も設けられています。織田信長に仕えた戦国武将、柴田勝家のゆかりの地を散策するコースもあり、歴史の薫りを感じる散歩道になっています。上社の街の色々な表情に触れ、気付くともう夕方。西の空が秋色に滲み始めています。散策の締めくくりは、もちろんグルメ。ひつまぶし、あんかけスパゲティ、八丁味噌料理など、名古屋には名物料理がたくさんありますが、上社にはそんな名古屋グルメを堪能できるお店が充実しているのです。そして、この街で働く人、この街に住んでいる人、この街が大好きな人達で連日賑わっているそうです。

 楽しかった一日を振り返り、心もおなかも大満足で見上げた夜空には星が瞬いていました。