グランドメゾンTOP > グランドメゾンとは > gm > 福岡・浄水通り

gm

福岡県福岡市中央区 浄水通り 静けさの中に文化の薫りと自然の息吹をたたえた街

 横浜の山の手といえば、西洋の雰囲気をたたえた緑豊かな高級住宅街。また原宿の表参道はドラマや映画にも時折り登場する、ケヤキ並木が印象的なお洒落な街。その2つの街の雰囲気をほどよく併せもつ通り、それが福岡の浄水通りといえます。ここではこの通りのなりたちや実際に歩いてみた印象から浄水の魅力を紹介しましょう。

 浄水通りが位置する薬院は、約1300年の歴史を誇る由緒正しき地。古くは吉備真備が太宰府に赴任した際に薬草園をつくり施薬院を建てたことに端を発し、江戸時代には医家が多く居を構えていたといいます。その由緒正しき佇まいは今、モダンな街並みに様変わり。都心に寄り添う緑豊かな高級住宅街として知られています。浄水通りは、薬院交番前バス停から南公園や福岡市動植物園へと至る1kmあまりの道。ゆっくり歩いても20分程度で歩ききれてしまう程の距離です。歩みを進めるにしたがって次第に交通量は少なくなってゆき、メルパルクホールを過ぎる頃からは、静けさをたたえた槐(えんじゅ)並木のゆるやかな坂道に入ります。この辺りが浄水通りのメインとなる所。緑のアーチが続く道の両脇にはレンガ造りのかわいらしいカフェや名だたる芸術家の作品が見られるギャラリー、フランス調の雑貨店、竹林にたたずむ和菓子庵、アースカラーでまとめられた豪奢なマンションなど、洗練された建物がゆったりと配され、知的で優美な景観が楽しめます。通りでゆきかうのは近くの有名女子高に通う生徒や近隣に住むお洒落なマダムたち。通りの終点の高台には教会や有名女子高校、さらには南公園や福岡市動植物園と都心に希少なグリーンゾーンが広がっています。

 しっとりとした静けさの中に自然の息吹きと、美意識を研ぎすます心地よい刺激を楽しめる通り…。歩くほどに新しい感覚に魅せられる憧憬の地、それが浄水通りなのです。