グランドメゾンTOP > グランドメゾンとは > gm > 名古屋 白壁・主税町

gm

愛知県名古屋市東区 白壁・主税町 東海の近代建築に、旧き明治の面影を見る

 名古屋城の東に位置する白壁・主税町地区は、かつては江戸時代の尾張藩の武家屋敷があったところ。その独特な土塀などに当時の面影が残る界隈は、名古屋市の町並み保存地区として指定されています。

 明治維新後は、その武家屋敷跡にトヨタの創業者として知られる豊田佐吉など各界の人々が洋館風の建物を多く建てて新しい町並みになりました。その後明治30年代には学校が建てられ、名古屋市の文教地区の先駆けとなるなど、白壁・主税町はいくつもの歴史と人々の営みを映してきました。今では、資料館や料亭になっている建物も多く、ゆっくり訪ね歩くと、時代を超えた佇まいに、明治、大正、昭和初期と、それぞれの時代の形と生活を垣間見ることができるでしょう。