gm マンション考 Vol.3
キッチン
キッチン
ライフスタイルを表現する核となる空間を目指して
今回は、積水ハウス大阪マンション事業部主任吉田泉氏の「キッチン」考です。
マンションは外観からエントランス、共用部など様々な空間で構成されますが、住戸部分の設計では出来るだけ「住まう立場」で検討する事が重要です。特に“キッチン”や“収納”は住み始めてからの生活を大きく左右し、リビングや寝室にまで影響を与えるので細かいチェックが必要です。

使い勝手の良いキッチンのチェックポイント

 例えば、「コンロなどは住まう方に適した設備仕様かどうか」、「食器や家電製品の為のカップボードを設置する壁面は十分か」、更には「吊戸棚が高すぎて両手で取れないことはないか」、「炊飯器がこの場所では、中のご飯が見えないようなことはないか」等々、住まい手の目で細かくチェックします。もちろん使い勝手のみが優先されるわけではありませんが、戸建て住宅で培ってきた経験が、マンション造りに活かされている点がグランドメゾンならではの特徴のひとつと言えるでしょう。

“つくる”と“食べる”のいい関係

 一口にキッチンと言っても、住まい手がどんな生活を描くかで、その形は随分違ってきます。食事の仕方や生活の重点の置き方に関係づけて、どんなキッチンが必要なのかを考える事が重要で、キッチンを独立したものとして考えてはいけません。 
 例えばフォーマルな生活の方の場合は、「裏方とも言えるキッチンを隠してリビングやダイニングを充分に取る」とか、キッチンに居る時間が長い生活の方なら「眺めの良い居心地のいいキッチン」等々。
 キッチンのあり方を考えるだけで、居住空間全体が大きく変わってきます。一番いいキッチンとは、その人の暮らし方に合ったキッチン。自分らしい暮らし方を実現するためにキッチンのあり方から考えていくことも有効な方法のひとつなのです。

キッチンから考える自分らしい暮らし

 いま、キッチンは、明るくしようとか座るところを作ろうとか“居心地重視型”に変わってきています。同時に、身体に負担の少ないキッチンも注目されるようになっています。また、キッチンと洗濯スペース、主寝室とキッチンなど、キッチンと他空間とのつながりという考え方も広がってきました。
 キッチンを主役に、というわけではありませんが、自分らしい暮らしをより豊かに楽しむ為に、居室にキッチンをからめて考えていこうと思います。
 とは言っても、結局のところ「食べることって楽しい」という気持ちで、プランニングする事が一番大切なんですよね。

※ 積水ハウス株式会社 大阪マンション事業部 主任
吉田泉/よしだいずみ 一級建築士 キッチンスペシャリスト
Owner's Voice

グランドメゾンにすでにお住まいの方からも、「キッチン」についてのさまざまなご意見が寄せられています。グランドメゾンのキッチンの評判について、オーナーの皆様のナマの声をご紹介します。

  • キッチンにサービスバルコニーがついていて、使い勝手がとてもいいところが気に入っています。
  • キッチンの色や広さが私好みです。また、カウンターの上の花台など、他のマンションではあまり見られないさりげない心遣いもいいですね。
  • 全体的に収納スペースがたくさんあるので助かっています。とくにキッチン関連では、食品庫が大きいのがいいですね。意外と食品関係は収納を必要としますので。
  • 家電を置くスペースがよく考えられているところが、さすが住宅メーカーでナンバー1の実績がある積水ハウスのマンションだなと感心しています。冷蔵庫がきちんと収まるへこみがあるのには助かりました。
  • キッチンの窓が大きく、料理をつくっている時もとても開放的な気分になれるところがうれしいです。
  • キッチンから直接洗面室へ出入りできるところと、その扉が場所をとらない引き戸であることが使いやすさをより高めていると思います。
  • キッチンのスペースが広く、ダイニングの様子を眺めながら家事ができる対面キッチンであることが気に入っています。
  • 2wayキッチンなので、とても効率よく動けます。日当たりがいいことも、キッチンにいる時間が長い主婦にはうれしいですね。
  • キッチンの天井が高いこと。
  • 全体的に間取りが非常に使いやすいと思います。とくに、キッチン→洗面→寝室とつながっているのがいいですね。
  • 対面キッチンなので、台所に立っていても、子供の顔を見れるのがいいですね。幅が2m近くあるベランダに花をいっぱい植えているんですが、その自慢の庭をリビング越しにキッチンから見ることができるのも、うれしい限りです。

※ ここに掲載の情報は2003年時点の情報に基づいています。