積水ハウスの分譲マンション グランドメゾン

グランドメゾン大濠公園ザ・タワーレジデンス

積水ハウス株式会社

確かな技術力による免震構造のタワーレジデンス

安心の免震工法

免震構造の考え方

一般的な耐震設計は柱や梁を太く頑丈につくり、大きな地震があって建物にある程度の破損が生じても建物自体で地震に耐えて人命を守るという考え方です。地震のエネルギーが直接建物に伝わるので、建物内・外部に大きなダメージが生じます。耐震設計は建物保護よりも人命を優先させた考えです。免震工法では地震のエネルギーを免震装置が吸収し、建物に地震の揺れが伝わりにくくなります。建物の揺れを低減することにより、人命はもとよりお客様の大切な建物や家具などが受ける被害を減少させるのが免震構造の考え方です。

外観完成予想CG
外観完成予想CG
地震時における構造イメージイラスト
地震時における構造イメージイラスト

免震構造

建物をアイソレーター(支承)で支持。アイソレーター(支承)で地震エネルギーを低減しダンパーで吸収

<特徴>
アイソレーターが水平に柔らかく動き、ダンパーが地震エネルギーを吸収する。
建物に伝わる地震の揺れを低減し、建物全体がゆっくりと揺れる。
耐震・制振構造に比べ、建物の変形が少ない。

免震構造の設計

それぞれの部材は、建物の荷重を支えたり変形することによって地震エネルギーを吸収したりするなど役割に応じて適切に配置されます。

積層ゴム支承
参考写真
積層ゴム支承

ゴムと鋼板をサンドイッチ状に積み上げた積層ゴム支承。建物の重量を支えながら、横方向には柔らかく動くことができ、地震時のエネルギーを低減させます。また、地震終了後建物を元の位置へ戻そうとする働きもあります。

免震装置配置イメージイラスト
免震装置配置イメージイラスト

国土交通大臣認定の確かな構造

「グランドメゾン大濠公園ザ・タワーレジデンス」は、地上60m(約21階)を超える超高層タワーマンションであるため、建築確認申請前の審査が必要です。株式会社都市居住評価センターにて学識経験者等による審査を経て、構造性能評価書を取得(高層評定)。それを受けて、国土交通大臣より建築基準法に適合する旨の大臣認定書を取得しています(大臣認定)。また超高層建築の場合、動的解析が必要になり、コンピュータ上に解析用のモデル化した建物をつくり、実際の地震の揺れを与えてどのように変形するかを細かくシミュレーション。「グランドメゾン大濠公園ザ・タワーレジデンス」は、充分な時間と細やかなプロセスを経て、信頼の構造を築いています。

目に見えない安心を積み上げてゆく、ものづくりの思想。

物件に関する最新資料をお届けします。 資料請求はこちらから グランドメゾンデザインセンター 来場予約はこちらから

グランドメゾン大濠 THE APARTMENT

※掲載の外観完成予想CGは、図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。また、敷地周辺の標識、建物等につきましても簡略化しております。雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。
※掲載のイメージイラストは、図面を基に描き起こしたものであり、形状・色味等は実際とは異なります。

PAGE TOP