エコ・ファーストの約束 当社の環境取り組みが体験できる公開施設「積水ハウス エコ・ファースト パーク」

エコ・ファーストの約束

エコ・ファーストの約束

地球温暖化対策、生態系保全、廃棄物・リサイクル対策などに先進的に取り組むことを環境省制定の「エコ・ファースト制度」のもと、企業が環境大臣と交わす約束のこと。約束を交わし、環境大臣に認定された企業が「エコ・ファースト企業」となる。

」で示した環境テーマ「温暖化防止」「生態系保全」「資源循環」への取り組みが体験できる公開施設「積水ハウス エコ・ファースト パーク」を運営。次の世代と共に住まいと環境を学ぶ場を提供しています。

 当社が取り組み続けてきた環境活動の歴史の中で、象徴的な実証実験棟3棟を関東工場(茨城県古河市)に集め、「エコ・ファーストの約束」で示した三つの環境テーマ(「温暖化防止」「生態系保全」「資源循環」)への取り組みが体験できる施設として、「積水ハウス エコ・ファースト パーク」を運営、広く一般に公開しています(公開開始2015年5月)。

 本施設では、快適な暮らしのためには環境配慮設計や技術が不可欠であり、エネルギーをなるべく使わない、生態系を壊さない、廃棄物を出さないといった地球環境を守るために住まいが果たす役割が多くあることを体感しながら楽しく学ぶことができます。このため、広く一般の方々に当社の環境技術の先進性をアピールするだけでなく、小学生を対象にした環境教育プログラムの実施や、大学生や高校生に住まいと環境の関係を理解する教材の場として利用していただいています。今後も継続発展できる施設を目指して、積極的に活用・アピールしていきます。

【オープン以来の来場実績】

2015.5.19~2016.1.31 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 合計
3,428人 4,122人 3,932人 3,356人 3,168人 18,006人

写真:「積水ハウス エコ・ファースト パーク」全景

「積水ハウス エコ・ファースト パーク」全景

写真:「あしたの家」を見学

「あしたの家」を見学

写真:巣箱作りをご体験の後、記念撮影

巣箱作りをご体験の後、記念撮影

写真:「資源の泉」の畳の分解工程を見学

「資源の泉」の畳の分解工程を見学

公開4周年を記念したシンポジウムを開催

 2019年11月、気候変動問題に関する世界・日本・企業の現状を知り、一緒に考え行動するムーブメントを起こすべく、環境シンポジウムを東京で開催しました(参加者230人)。基調講演にはWWFジャパンの小西雅子様が登壇し、今や1.5度目標が国際的には主流であると報告。また、エコ・ファースト企業3社(戸田建設株式会社・ ライオン株式会社・当社)の環境・サステナブル 責任者によるトークセッションでは、1.5度目標は一社だけでは達成不可能であり、皆で力を合わせる必要があることが強調されました(シンポジウム終了後、バスで希望者を「積水ハウス エコ・ファースト パーク」へご案内しました)。

写真:当社の環境取り組みを紹介する常務執行役員の石田

当社の環境取り組みを紹介する常務執行役員の石田

写真:参加者の皆さまには「今日から私ができること」を、SDGsの目標と合わせて宣言していただきました

参加者の皆さまには「今日から私ができること」を、SDGsの目標と合わせて宣言していただきました