積水ハウスの歌

「積水ハウスの歌」について

歴史

積水ハウスのCMソングとしてもおなじみの「積水ハウスの歌」。
その原曲「セキスイハウスの歌」は、1970年、作詞を羽柴秀彦氏、
作曲を小林亜星氏が手掛け、CMソングとして誕生しました。


2010年、創立50周年を記念し、これまでの変わらぬ想いと感謝を込めて、
現代的に生まれ変わったのが「積水ハウスの歌~50周年バージョン」です。
作詞にはコピーライターの一倉宏氏、歌い手には村上ゆきさんを起用し、さらにJAZZやBALLADEなどさまざま歌い手に歌い継がれてゆきました。


そして2020年、積水ハウスは60周年を迎えました。
歌い手には八代亜紀さんを起用し、新たな誓いと感謝を込めた
「積水ハウスの歌〜60周年バージョン」が完成しました。

このウェブサイトについて

こちらのウェブサイトでは、ここでしか聴くことのできないフルバージョンを含め、曲調の異なるさまざまな「積水ハウスの歌」を公開中。今後、さらに新しいバージョンの追加も予定しています。どうぞおたのしみに!

ミュージックプレイヤー

00:00
00:00
積水ハウスの歌 積水ハウスの歌
LOVE IN THE HOUSE LOVE IN THE HOUSE