Sekisui House News Release

 
平成18年4月11日

家族形態やライフスタイルの多様化に合わせて
「カーサ・フィーリア 娘と暮らす家」を提案

 

 

 積水ハウス株式会社は、このたび30〜40代のシングル(単身者)が、円熟期を迎える両親と共に暮らす住まい及びライフスタイルを提案します。従来捉えられていなかった家族の関係に注目し、新しい2世帯のカタチと捉え「カーサ・フィーリア 娘と暮らす家」という概念を付与することにより、将来の家族構成の変化にも柔軟に対応できる有効なプランニング手法の確立を目指すと共に、家族のより良い快適性を追求し、潜在的な需要喚起、新たな市場創造を目指します。

※「カーサ・フィーリア」とはイタリア語でカーサが家、フィーリアが娘を意味します。「2世帯家族」(夫婦とその親からなる家族ではなく、「核家族」(夫婦とその若年の子ども)でもない、大人として独立した子とその親からなる家族を表現しています。

開発の経緯
近年、晩婚化の傾向等により、親の家に住み続けるシングル(単身者)が増えています。また、都市に住む比較的年齢の高いシングル(単身者)の増加も見られます。このように家族形態やライフスタイルの多様化が進み、これまでのように2世帯や核家族というような標準的な世帯だけでは住宅を考えることが難しくなりつつあります。これからは、「家族のあり方に合わせた家づくり」が求められる時代です。

積水ハウスでは、平成16年に全国のシングル女性とその母親を対象に「シングル女性に関する住意識調査」を実施し270組から回答を得ました。その結果、母と娘は「よき相談相手」としてお互いを認めている状況がわかりました。その反面、同居している母と娘には生活時間の違いが発生しています。そのため、一部ではそれぞれ母と娘で気をつかう部分が異なるという実態もわかりました。

また、当社は平成16年11月に、母と娘のコミュニティ「マンマ・フィーリァ!」を運営する有限会社インフィニティと「One+deux研究会〜これからの家族を考える会」を共同で設立し、母娘を中心に家族に関する様々なアンケート調査を実施し、今後の家づくりに生かすべく研究をしてまいりました。

新たなライフスタイルの提案
大人として独立したシングル女性が親と一つ屋根の下に住む場合は、「親+子ども」ではなく「大人+大人」の生活となります。積水ハウスは、家族が集う時間を大切にしながら、睡眠や入浴など自分だけのリラックスタイムは時間帯を気にせずゆったりと過ごすことができ、独立した大人同士が一緒に暮らす新たなライフスタイルのもと、家族それぞれの次なる「第2のステージ」となるライフスタイルを「カーサ・フィーリア」として提案します。

3つのライフスタイルとモデルプラン
「大人+大人」世帯の暮らし方として、親の視点や娘の視点など住まい手それぞれの立場での快適なライフスタイルを実現するために、それぞれの家族との関係やつながりを重視した家づくりを考えた結果、暮らし方を3つのスタイルに分類し、それぞれの暮らし方ごとに基本スタイルを設定し提案します。それぞれのスタイルは「結婚」や「介護」といった将来の家族の変化に柔軟に対応でき、安心して永く住み続けることのできる住まいの提案となっています。

1. いっしょスタイル(ぶどうスタイル)

 

 
 家族との関係を、一緒に食事をしたり家事を分担したりすることで心のつながりを深め、家族の支えと絆を守っていくためにも、これからも家族との時間を大切にしたいと考えている家族への提案です。ひとつひとつの粒(個人)が集まることでひと房(家族)ができるぶどうのようなスタイルです。
 家族との時間を重視し、共有する基本的な生活空間を1階に設置し、娘の部屋には専用のシャワーやバスルームなどサニタリー空間を持つプランです。勉強机とクローゼットだけの「子ども部屋」からワンランクアップした大人の女性のための部屋を提案しています。

 2. つながるスタイル(さくらんぼスタイル)

 

 

 家事は協力し合い、家族で過ごす時間を大切にする。しかし、それぞれのプライバシーを尊重することも忘れない自立した大人同士の生活を求める家族への提案です。ひとつの粒(個人)は独立してしっかり存在するけれど、2つの粒が根元でしっかりつながっている(家族)さくらんぼのようなスタイルです。
 家族全員で楽しむ空間、それぞれの「個」の空間のどちらも兼ね備え、娘空間には専用のサニタリーに加え専用リビングなどを設けることでプライバシーの確保されたリラックスできる空間を確保しています。

 
 3. それぞれスタイル(フルーツバスケットスタイル)

 

 同じ屋根の下に暮らしているけれど、各自自分のことはできる限り自分で行い、独立した大人同士として互いの生活を尊重する。親と娘で気のおけない隣人のように暮らし、それぞれの趣味や仲間とも楽しい時間を作りたい家族への提案です。バスケットを彩るフルーツをそれぞれの個に例え、それらを入れる一つの入れ物を家族に例えたフルーツバスケットのようなスタイルです。
 親娘共に各自のペースで生活できるようにプライベート性を高めた「個」の空間を確保。親世帯とは別に、娘専用の玄関、LDKや水周りを個別に設置し、世帯としての独立性を高め、集まって住むという集合住宅風の家を提案します。

リバースモーゲージ型の新型ローン
「カーサ・フィーリア」では、単身者とリタイアした親との生活が対象となるケースも考えられます。このようなリタイア世代は、今後の収入や将来の生活費に不安もあり、貯蓄を取り崩すことには消極的で、資金不足となるケースもあります。このようなシニア層の住宅建替えや増改築ニーズに応えるため、積水ハウスとりそな銀行は、リバースモ―ゲージ型の新型ローンを開発し、建替えや増改築資金に不安が残る人に、新たな選択肢を提供します。

このリバースモーゲージ型の新型ローンの特徴は、返済方法として元利均等返済タイプと期限一括返済タイプを設定したことです。期限一括返済タイプでは、毎月は元本の返済の必要がなく、利息のみの支払いとなります。また、当座貸越による融資を選択すれば、余裕のあるときに元本の返済を行うことで金利負担を減少させ、必要なときに当初の融資額の範囲内で再度借り入れも可能です。

商品概要

 

対象者 50歳以上で、日本国籍の方又は外国籍で永住権のある方
融資金額 担保不動産の土地評価に応じて個別に決定
融資期間・期間を定めて返済する場合は最長35年
・終身
金利 変動金利型
返済方法・利息部分:毎月返済
・元本部分:
1.元利均等分割返済(最長35年)
2.期限一括返済(返済期間は最長35年もしくは終身)
※元本部分は返済期日もしくは借入者の死亡時に、手元現金もしくは担保物件の売却により返済(随時返済可能)
担保 対象となる物件に、りそな銀行を第一順位とする根抵当権並びに代物弁済契約による所有権移転仮登記を設定
連帯保証人 保証人は原則不要(配偶者は連帯債務者)
取扱開始日 平成18年4月中(予定)

 

<本件お問合せ先>

積水ハウス株式会社
広報部
電話 06-6440-3021

電話 03-5352-3113

※掲載内容は、発表時点のものであり、現在の内容と異なる場合がありますのでご了承ください。

 


「One+duex 研究会〜これからの家族を考える会」概要

「One+deux研究会〜これからの家族を考える会」は、平成16年11月、積水ハウス株式会社と母と娘のコミュニティ「マンマ・フィーリァ!」を運営するマーケティング会社の有限会社インフィニティが、共同で設立した研究組織です。これからの家族のスタイルや理想の住まいを考えることを目的に設立しました。

研究会の目的
親と娘の暮らし方をユーザーと一緒に研究することにより、住まいに対する新たな価値観を創造し、その情報発信を行う。

研究会の代表
牛窪 恵(有限会社 インフィニティ代表取締役)
(有限会社 インフィニティの概要)
女性がもっと活躍できる場を創造しようと会社を設立。現在は、自立した男女が安心して生活ができる社会の実現を目指し日々の活動を行なう。また、自社のホームページでは情報の双方向性を生かし、マスコミと企業、企業と企業を結ぶ新しい形の情報サイトを発信している。独身男女の深層心理を描いた牛窪の著書『男が知らない「おひとりさま」マーケット』や『独身王子に聞け!』の読者とも、メールやブログ、講演会を通じて親睦を深めています。

 

 設立 平成13年4月2日
 所在地 東京都港区新橋5-25-1 新橋ビジネスガーデン1階
 電話番号

 03-5921-0747

 URL http://www.hachinoji.com/
 事業内容・新聞、雑誌、書籍等の企画、制作
・テレビ、ラジオ番組等の企画、制作
・各種マーケティング業務
・インターネットホームページの企画、立案
・インターネットを利用した各種情報提供サービス

構成メンバー
スタッフ4名及びマンマ・フィーリァ会員(約400名)

研究期間
2004年11月〜終了時期は未定

研究会の活動
定期的アンケート、グループインタビュー、セミナーの開催、現場見学会、「One+duex」マガジンの発刊、ブログの運営など

主な役割
(積水ハウス)
・住宅に関する空間や間取り、デザイン、仕様、設備等に関する企画、設計
・試作棟の企画、設計、建設
・研究会の企画、運営等のサポート
・プレスリリース等の企画、配信、フォロー等に関する業務

(インフィニティ)
・研究会の企画、運営等に関する業務
・研究項目に沿った調査、イベントの企画、集計、集客、分析等に関する業務
・プレスリリース等の企画、配信、フォロー等に関する業務

※One+deux 【ワン・プラス・デュー】
英語で「ひとり」「1」を表す「One」と、フランス語で「ふたり「2」を表す「deux」を組み合わせることで、家族の新しい関わり方や新しい住まい方などを表現しています。