積水ハウス ニュースレター

平成22年2月15日

 

積水ハウス株式会社

 
積水ハウスの「新・里山」における取り組みが
「ストップ温暖化『一村一品』大作戦 全国大会2010」において
“銅賞”を受賞
 

 積水ハウス株式会社(本社:大阪市北区、社長:阿部 俊則)は、2月13日(土)・14日(日)に開催された「ストップ温暖化『一村一品』大作戦 全国大会2010」(主催:環境省、大会事務局:全国地球温暖化防止活動推進センター)において、当社の「新・里山」での取り組みが評価され、“銅賞”を受賞しました。

 「ストップ温暖化『一村一品』大作戦」は、2007年から始まった環境省と地球温暖化防止推進センターによる共同事業で、NPOや自治体、市民、企業が地域の創意工夫を活かした活動や地域温暖化防止に向けた取り組み(一品)を都道府県ごとにとりまとめ、これらの取り組みを一層推進することにより、低炭素社会の実現を目指すものです。

 「新・里山」は、2006年夏、新梅田シティ(大阪市北区)の敷地内にある公開空地(約8,000㎡)に、地域に根差した在来種を植樹する当社独自の庭づくり、まちづくりの取り組みである「5本の樹」計画に基づき、当社をはじめとする地権者が共同で造成したものです。

 

 「新・里山」には、草花はもちろん、水田や野菜畑、雑木林、竹林、茶畑などを配しており、2007年からは毎年、地元の幼稚園児や小学生を対象に無農薬有機栽培での米や野菜づくりなどの体験を実施している他、新梅田シティで働くオフィスワーカーやその家族らも農作業体験ができる貴重な場として活用しています。
 年を重ねるごとに、「新・里山」を訪れる鳥や虫たちの種類も増え、都会では確認することが困難な野鳥のオオルリやハイタカなども観察できるようになりました。

 今般の受賞は、大阪の都市部にありながらも豊かな生態系が育まれている「新・里山」において、この地を活用した教育支援活動や市民団体の学習会などを企業が中心となって実施している点や、これらのノウハウや経験を活かし全国への波及効果が見込まれる点等が評価され、大阪府代表として全国大会に出場し受賞に至ったものです。

 積水ハウスでは、今後も「新・里山」での取り組みを通じて、地元の子どもたちや地域の方々が身近な自然と触れ合える場を提供することで、地域の生態系保全に寄与し、これらの活動を一層発展させてまいります。

 

「新・里山」の全体風景(左)と「新・里山」での地元小学生(右上)や
オフィスワーカーによる農作業体験の様子(右下)

「5本の樹」は、積水ハウス株式会社の登録商標です。

 

「新・里山」のサイトは こちら

積水ハウスの生物多様性の取り組みに関するサイトは こちら


<本件に関するお問合せ先>

積水ハウス株式会社
広報部
(大阪) 06-6440-3021
(東京) 03-5575-1740

※掲載内容は発表時点のものであり、現在の内容と異なる場合がありますのでご了承下さい。