積水ハウス ニュースレター

平成21年12月25日

 

積水ハウス株式会社

 
積水ハウスの環境配慮型住宅「グリーンファースト」
平成21年度目標を前倒しで達成
家庭用燃料電池1,100台、
太陽光発電システム搭載住宅6,000棟を受注
 

積水ハウス株式会社が今年3月から販売を開始した、太陽光発電システムや家庭用燃料電池を搭載した環境配慮型住宅「グリーンファースト」※1は順調に拡販を続け、平成21年度※2の目標数字を前倒しで達成いたしました。戸建住宅における「グリーンファースト」モデルの受注比率は、直近6ヵ月連続で半数を超えており、厳しい住宅受注環境の中にありながらも戸建住宅受注の回復に大きく寄与しています。

家庭用燃料電池、住宅業界最多の1,100台を受注。(12月20日速報値)当初年度計画1,000台を、 2ヵ月前倒して11月末に達成。

太陽光発電システムを搭載した戸建住宅は、6,000棟を受注。(12月20日速報値) 当初年度計画6,000棟を、1ヵ月前倒しで達成。前年度実績は2,056棟。

当社は、平成17年4月に世界で初めて戸建住宅に一般家庭向けの燃料電池を導入して以来、積極的に普及に努め、今年11月末には当初年度目標の1,000台を2ヵ月前倒しで達成し、12月20日現在で1,100台を受注するに至りました。家庭用燃料電池は、平成21年5月に一般発売が開始され、当社の受注はその約4割を占めています。 (燃料電池普及促進協会 補助金応募件数12月18日時点2,650台超)

太陽光発電システム搭載住宅においては、国及び地方自治体の補助金制度に加え、当社独自の「太陽光発電支援費」制度(設置1kWあたり13万円を補助)などの販売戦略の強化、11月からの電力会社による買電価格の大幅増額により、当社は2月から12月20日現在で6,000棟を受注し、今年度の目標を1ヵ月前倒しで達成するに至り、さらに今年度中において7,000棟を受注する見込みです。

当社は、環境対策で業界をリードする環境省認定の「エコ・ファースト企業」として、今後も「グリーンファースト」の拡販を図り、快適性・経済性・環境配慮を兼ね備えた住宅の普及に努めてまいります。

※1 「グリーンファースト」は積水ハウス株式会社の登録商標です。

※2 当社の事業年度は2月から翌年1月であり、平成21年度は平成21年2月1日から平成22年1月31日となります。

 

「グリーンファースト」(鉄骨戸建住宅モデルの一例)

 

積水ハウスでは、今後も「グリーンファースト」の進捗について随時発信してまいります。

「グリーンファースト」の商品サイトは こちら


<本件に関するお問合せ先>

積水ハウス株式会社
広報部
(大阪) 06-6440-3021
(東京) 03-5575-1740

※掲載内容は発表時点のものであり、現在の内容と異なる場合がありますのでご了承下さい。