積水ハウス株式会社

  • すまいすまいる
  • 住ムフムラボ
  • シャーウッドClub
  • コモンクラブ
  • グランドメゾン倶楽部
  • スムサイトマイページ

積水ハウス株式会社

サイト一覧

  1. 積水ハウストップ
  2. 積水ハウスの不動産分譲
  3. コモンクラブ
  4. コモンクラブColumn
  5. 専門家が教える 住宅購入ノウハウ Vol.135
家・土地の購入時の費用の考え方は?
今の収入で買える家・土地は?無理なく買うために
イメージ

新しい家・土地を買おう!と決めたら、調べたり検討したりしなければいけないことはたくさんありますが、最も頭を悩ませることが「予算」ではないでしょうか。今の預貯金や年収ならどんな家・土地を買えるのか?無理なく支払える金額はいくらなのか?どのように計算すればよいのだろうか?理想の暮らしを実現するための費用、しっかりと計画を立てましょう。

購入費用は「頭金+月々の返済での支払い」で
イメージ

家や土地の購入費用については、最初に払う頭金+住宅ローンによる毎月の返済で、支払いを行うケースが一般的です。住宅ローンは、30年~35年などの返済期間でローンを組む方が多いですが、長期間でのライフスタイルの変化や収入の増減などの可能性を考慮し、無理のない金額の家・土地を探しましょう。

金額は年収の○倍?
イメージ

それでは、どのくらいの金額が購入の目安になるのでしょうか。日常の消費財とは金額感の異なる買い物ですが、「頭金+住宅ローン借入額」が「年収の〇倍程度」という規模感でイメージしてみるとよいでしょう。年収の何倍が妥当な金額なのかは、預貯金・収入・家族構成・その他さまざまな個別の状況次第ですが、例えば、世帯年収1000万で、年収の5~8倍程度の金額で考えた場合は、5,000万~8,000万が参考値となります。
ローンには、金利が生じるため、月々の返済額×返済期間が借入額ではないということにも注意が必要です。例えば、月々15万円を35年間返済すると、6,300万円となりますが、借入期間中の金利相当額が含まれるため、実際に借り入れられる金額はもっと少ないものになります。金利や税制等の優遇制度などをしっかりチェックしましょう。

頭金次第で返済額も変わる。でも預貯金を使いきってはダメ
イメージ

最初に支払う頭金は、どのように考えるべきでしょうか。頭金が多ければ多いほど毎月の返済額が減りますが、そのために今ある預貯金をつぎこんでしまうのはおすすめしません。病気にかかったときの治療費や、子どもの教育費など、発生する可能性のある費用への備えも必要です。ご自身の預貯金額や親族からの資金提供などの状況を踏まえて、金額を検討しましょう。

購入費用以外にも必要となるお金
イメージ

家(外構含む)・土地の金額以外にも、住宅メーカーなどに契約時に支払う諸費用、火災保険、登記手続き費用、引越し費用など、条件にもよりますが、一般的に100~200万円程度の費用感を考慮しておいた方がよいでしょう。また、購入後の新生活においても、固定資産税などの税金や修繕やリフォームにかかる費用なども必要になります。

無理のない予算で買える家と土地も、積水ハウスにご相談を

家・土地の売買について全国各地に多数の実績を重ねる積水ハウス。多様な注文・建売住宅の建築実績を踏まえ、購入費用についてもご相談を承っております。「この年収で買える家・土地はどれくらい?」「毎月の支払額から考えるとどれくらいの予算になる?」等々、お客様それぞれのご事情やお悩みに合わせて、最適な予算額と家・土地を提案させていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。

▼「おうちで住まいづくり」はこちら
 ※おうちにいながら電話やWEB会議で資金相談もできます
https://www.sekisuihouse.co.jp/ouchi/

▼「住宅ローンシミュレーション」はこちら
http://sekisuihouse.mc-j.co.jp/loan/

作成日:2021年9月24日

  • コモンクラブColumn インデックスへ

Page Top