• こころの森に暮らそう。

    家族の笑顔に包まれるまち。
    多摩ニュータウンの里山に描いた
    大きなまちに暮らそう。

    2020年8月撮影 まちなみ
  • 森がすぐそばにある暮らし。

    都会の中で自然を楽しみながら暮らす。
    緑に包まれた丘で、安らぎと癒しのひととき。

    2019年5月撮影 見晴らし台
  • 四季の移ろいを感じ、我が家に帰る。

    2017年7月撮影 まちなみ
  • 新しい東京の暮らし
    さあ、こころの森に暮らそう!

    2019年9月撮影 まちなみ

INFORMATION

建築条件付宅地分譲>先着順申込受付中!

NEWS

2021.4.15
NEW森4区 53-10号地ご成約いただきました。
2021.4.9
HPをリニューアルいたしました!
2021.3.25
スタッフブログを更新しました!
2016.7.29
多摩ニュータウン東山のテーマソングができました!【YouTube】
2016.2.19
オーナー様のインタビューページ公開しました!

【お知らせ】

各イベントでは、各会場の感染予防対策を徹底の上、実施させていただきます。
お客様には、マスクの着用をお願いするとともに、
ご来場が重なった場合にはご見学時間を調整させていただく場合がございます。
また、予定会場が変更になる場合もございますので、
会場HPにてご確認いただきますようお願い申し上げます。
ご不便をお掛けして申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

CONCEPT

コンセプト

人も、まちも、森と一緒に。

東京森都心 多摩ニュータウン東山が生まれる場所は多摩丘陵の、津久井湖から西側に連続して延びる緑地帯の一角に立地しています。古くから里山として奥山と都市をつなぐ中間にあり、人と自然が寄りそうことで豊かな生態系が育まれてきた地です。里山の自然は人の手が入ることで健全に保たれ、人の手が入らなくなることで荒廃の進んでしまう人の暮らしと寄りそって成り立つ独特の生態系を持っている場所です。
人と森が、共に生きることでより豊かな環境を育む。
その互いをいとおしむ遺伝子がこの土地では受け継がれています。

東京森都心

共生のこころを、かたちにしました。

多摩丘陵最後の雑木林、多摩丘陵の原風景を留める場所、などと呼ばれる場所に大規模な住宅地を開発するにあたり、一番大切にしたのは、「遺伝子の継承」です。既存の森を残しつつ、残せない場所の木は移植する。小さな苗木も大切に保管し、まちの色んな場所に植えることにしました。そしてこの森に見守られ、森を育む人の手が入ることで、森と人が共に成長していく新しいコミュニティも生まれます。
快適な居住環境を提供するために、まちとそれを包む環境までを育む。そんなこころがかたちになりました。

すだじいの木 すだじいの木

CONTENTS

多摩ニュータウン東山の
魅力をご紹介します。