SEKISUI HOUSE積水ハウスの不動産分譲ナビ

MENU

学び舎の記憶と今が出会うまち


概要
人口が栃木県内第4位の足利市の東北部に位置するのが毛野地区。豊かな田園が広がり、環境良好な住宅エリアです。明治時代に創立された歴史ある小学校の移転にともない、足利市が旧校舎跡地利用のコンペを主催しました。このコンペに積水ハウスが参加し、「何世代にもわたって親しまれてきた小学校の記憶を刻印し、地域に根ざした文化を継承する」という計画案を提出。厳正な審査の結果、提案が評価されました。まちづくりに着手して、2008年4月に全67区画の〈コモンアベニュー毛野〉が誕生しました。
新設の小学校と中学校が近接し、まち周辺にはスーパーマーケットと大型ショッピングモール、医療施設や公園も充実しています。2011年3月には北関東自動車道の足利ICが開通。今という時代にふさわしい新しい暮らしが、かつての小学校の面影を残すまちなみで営まれています。

物件データ

(2020年5月時点)

■名称
コモンアベニュー毛野
■所在地
栃木県足利市
■交通
JR両毛線「足利」駅よりバスで約15分
北関東自動車道「足利I.C.」から車で約15分
■総開発面積
20,556.93㎡
■総区画数
67区画
■街開き
2008年4月
まちなみギャラリーTOP
積水ハウスのまちづくり