SEKISUI HOUSE積水ハウスの不動産分譲ナビ

MENU

ふるさととなる森に抱かれたまち


概要
東京都5大丘陵のひとつ「多摩丘陵」の一角に位置し、約32haという広大な敷地です。
敷地のうち約33%が緑地という計画で、もともとウサギやタヌキやキツネ、猛禽類など様々な動植物が生息する環境がありました。広大な自然地を含むこの開発事業は、東京都の自然保護条例による規制の対象となったこともあり、既存樹木の保全・移植、水生生物のためのビオトープの整備、継続的な環境モニタリング調査など可能な限りそれらを保全し、人と自然が共存する里山を目指したまちづくりが始まりました。
また、このまちには里山の継続的な管理が必要と考え、集会所や住民組織をつくり、住まい手が主体に行えるよう、事業者もサポートをしています。

物件データ

(2018年8月時点)

■名称
東京森都心 多摩ニュータウン東山
■所在地
東京都八王子市堀之内
■交通
京王相模原線京王堀之内駅より徒歩15分
■総開発面積
322,102.13㎡
■総区画数
681区画(内当社339区画)
■街開き
2012年
まちなみギャラリーTOP
積水ハウスのまちづくり