セキスイハウストップページへ
積水ハウス・ホーム
お近くの積水ハウス
検索

街の紹介

暮らす人々

街のことや、上野原市のことに興味がわき出し、周辺の歴史やこの街を知ってもらうことなどを考えるようになりました。
-どのような経緯でお住まいになられましたか?
平成11年に会社人生から足を洗いまして、新しい暮らしをすることにしました。以前は川崎市の生田に住んでいたのですが、子供の勤め先が近い場所の方がいいだろうと中央線沿線で探し始めました。積水ハウスさんの分譲地を何ヶ所か見学し、ブリッジがあって山の上に街がある、この一風変わった街づくりをしているコモアしおつに魅力を感じてここに決めました。住宅は当時分譲していた「キッチン重視」の家を購入しました。
-川崎の暮らしとはかなり違うと思いますが、暮らしてみてどうでしたか?
たしかに電車の数は少ないですが、駅前の住宅地ですし、八王子まで30分ぐらいですから、都心までも近いものです。スーパーも入り口にあるし、病院もあるので、そう不自由は感じません。違いといえば、上野原に入ると山が近くなって風景も空気も心地よく変わってきます。これが一番ですかね。
-コモアしおつの管理組合の理事長をされていたということですが?
平成14年に就任いたしました。ここに住んでいる人全員で街を育てていますので、管理は大切な問題です。当時、積水ハウスの担当者ともかなりお話をして、住宅開発の理念や住宅に関する研究等、積水ハウスという企業の懐の深さを知りました。そしてこの街のこともよくわかり、どんどん好きになりました。この経験があって、街のことや、上野原市のことに興味がわき出し、周辺の歴史やこの街を知ってもらうことなどを考えるようになりました。
-と、いいますと?
会社時代にはまったくやったこともなかったのですが、この土地の歴史を調べて、デジカメで写真を撮ってパソコンでまとめています。ここに来るまでパソコンはできなかったのですが、元電気メーカーの人が住んでいるので教えてもらいました。また周辺のお祭りやイベントや季節の風景などを1年間かけて取材し、まとめました。(リンク:こちらがその資料です。プロ並の取材です)。より多くの人に四方津での暮らしや歴史を知ってもらいたいと思って、ポスターにして駅や銀行に貼ってもらってます。余談ですが、車が運転できないので、これもまた街の中の運転好きの方にお願いしました。
-すごい取材の量ですね。これだけまとめるのは大変だったでしょう。
本当にやったことなかったんですよ。経済学部ですし。ちなみに調べるときはインターネットではなく、図書館で本を読み、その場所に行き、話を聞いて取材しました。そう、逆に地元の人の方が知らないことってたくさんありましたね。カメラもだんだんうまくなってきたかな。
-お忙しそうですが、その他にもおやりになっていることはあるのですか?
3年前にコモアウエルネス会という健康的な生活を維持・増進することを目的とした、倶楽部をつくりました。街の中に300坪の農園をつくって、みんなで家庭菜園をしています。農園はもともと消防署用地なのですが、未使用だったので、町にかけあって草だらけよりはいいでしょうといって農場として借りました(笑)。草を刈って、土をいれて農園まで手作りですよ。
-すごい有効活用ですね。野菜づくりの腕前はいかがですか?
ここのメンバーに農業指導の人がいるので、教えてもらいながら見よう見まねで農業をしています。ほうれん草とかネギとかつくってます。やっと3年たって土がよくなってきました。最初のころは変な野菜もできましたが、、、。向こうの手作りハウスがみんなの休憩場所です。水が大切なので、お手製の雨水利用のドラム缶もつくりました。春になったらこの場所から見える山々はきれいですよ。
-どうもありごとうございました。貴重な資料も紹介させていたきます。
●いつの間にか、アクティブな暮らしをしていたという水口さんでしたが、ここにきたことでまた新しい自分を発見されてパワー満開になったんでしょうか?すてきなお話ありがとうございました。それとこの街の方々で、上野原原の駅をきれいにする(ごみ拾い)ボランティアをされていて、表彰されているそうです。みんなできれいな街をつくる意識がどんどん広がっているようです。
  • 全体概要
  • 暮らす人々
  • 4つの公園
  • 街の施設

2020年春の分譲地現地個別相談会

お知らせ

積水ハウスのまちづくり

弊社ウェブサイト利用上のご留意事項