セキスイハウストップページへ
積水ハウス・ホーム
お近くの積水ハウス
検索

街の紹介

4つの公園

それぞれにテーマをもたせ、幼児からお年寄りまでが楽しめる4つの公園

成熟したヨーロッパの都市がそうであるように、公園は幼児からお年寄りまで幅広い年代の人々が集う場であり、多彩なコミュニケーションが可能なスペースでありたいと考えました。そこで、公園に開放的な広場としての性格をもたせ、それぞれに特色のあるテーマを設定。芝生を基本としながら、さまざまな種類の樹木・花木・草花を植栽し、モニュメンタルなアートを置いて、空間の個性を演出しています。また、3つの公園をこうえんみちで結ぶことにより、日常生活に身近に溶け込ませる工夫も施しています。




  • 風力で不思議な動きをするモニュメント。風とアートがテーマの「風のこうえん」。

    住民の自作の彫刻なども展示でき、アートの薫りが身近に感じられる公園。楽しい遊具やすべり台も備えています。
  • 時計のモニュメントを中心にゆるやかなせせらぎが流れる「時計のこうえん」

    街のほぼ中央に位置。「コモアしおつ」の街づくりの核となる、林をイメージした公園です。ひときわ濃い緑とゆるやかなせせらぎが、潤いに満ちた景観を創造。芝生の築山やジャブジャブ池は、いつもにぎやかな歓声が響く、子供たちのお気に入りの遊び場です。
  • トーテムポールとロックヒルがシンボル。自然のままの緑に囲まれた「石のこうえん」。

    山をテーマにしたこの公園のシンボルは、カナダから選ばれたトーテムポールと、ここで掘り出された石をそのままディスプレイしたロックヒル。ハイキング気分も味わえます。
  • ソフトボールやミニサッカーをはじめ、多目的に使える「スポーツのこうえん」。

    運動広場にはバックネットがあり、子供たちのソフトボール場としてはもちろん、軽いキャッチボールやミニサッカーなどに幅広くお気軽にご利用いただけます。子供たちのスポーツ感覚を養うために、平均棒やラダーなどの幼児用のアスレチック器具も設置。また、広場のまわりにあるナラやサクラなどの樹木が、遊びのシーンをやさしい緑で彩ります。
  • 全体概要
  • 暮らす人々
  • 4つの公園
  • 街の施設

2020年春の分譲地現地個別相談会

お知らせ

積水ハウスのまちづくり

弊社ウェブサイト利用上のご留意事項