+αの暮らし

邸宅街に、
次世代に続く価値を。

時を経るほどに「わがまち」が誇らしく、
あこがれを集める暮らしの舞台に。
子どもや孫の代へと受け継がれ、
長きにわたって愛され、価値が深まるまちに。
コモンシティ利府新中道に、
また新しい邸宅街が誕生します。

経年美化のまちづくり 歳月を重ねていくごとに美しくなる「経年美化」の思想によるまちづくりを実践。「5本の樹」計画や、独自のまちなみガイドラインを作成して美しいまちづくりを推進しています。
「5本の樹」計画 各住戸に地域の在来種を植栽しわが家を自然の一部として考える庭づくり「5本の樹」計画に取り組んでいます。自然環境や気候風土を生かした緑豊かなまちの形成をめざします。
  • 8-1号地
    モダンに包まれる
    端正な住まい
    8-1号地 詳しくはこちら
  • 8-2号地
    家族ごとのイドコロが
    空間でつながる住まい
    8-2号地 詳しくはこちら
  • 9-14号地
    時と共により豊かに、
    家族に寄り添う住まい
    9-14号地 詳しくはこちら
  • 9-16号地
    四季と過ごす、
    緑感じる住まい
    9-16号地 詳しくはこちら
  • 9-18号地
    空間の広がりに
    心潤う住まい
    9-18号地 詳しくはこちら

※掲載の写真は2020年12月に撮影したものです。

住まいのデザイン

ファミリースイート。それは仕切りのない大空間で自由に、わが家らしく過ごす場所。

ファミリースイート。それは仕切りのない大空間で自由に、わが家らしく過ごす場所。
「リビング+α」の新しい暮らし
柱や壁のない大空間だから、シアターやカフェ、子どもの遊び場など、希望の暮らしを思い通りにデザインすることが可能に。リビングに新しい暮らしをプラスすれば、「私らしく」、「すこやか」で、家族や地域との「つながり」、そして楽しさのある、わが家ならではの幸せな「生きがい」のある暮らし方が生まれます。
家族の時間は大事でも、自分時間も大事
当社住生活研究所の調査によると、ファミリーが最も重視する時間は、家族のだんらん。次いで疲れを癒やしリラックス、自分の趣味と続きます。家族の時間も、自分の時間も大事。ファミリースイートはその両方を叶える空間です。
共働きファミリー調査/住生活研究所調べ(2018年 n=1560)
成長する家族に寄り添える住まい。
大空間にフリースペースがあるのがファミリースイートの強み。家具やインテリアの工夫で、家族の成長に合わせてさまざまな居どころを演出できます。
【現在】
現在
育児も家事も心地よい場所で育児と家事の場として、いちばん心地よいスペースに畳コーナーとベビーベッドを設置。
【9年後】
9年後
みんなで学び作業するコーナーデスクを置いて家族みんなが作業できるスタディコーナーとして新たに活用。

環境のデザイン

光のデザイン

光のデザイン
自然光

自然光をたっぷりと取り込めるようプランニング。ファミリースイートの大空間と自然光で開放感に溢れた住まいを実現します。

自然光
間接光

夕暮れ時には、配置した間接光が日中にはない空間を演出いたします。

間接光

緑のデザイン

緑のデザイン
まちなみ

自然石を配した外構や植栽計画など、緑豊かなまちなみを形成。鳥や蝶たちのよろこぶ樹々を植えるなど、自然の一部として庭づくりを考えます。

まちなみ
ガーデニングや家庭菜園

アウトドアガーデンや家庭菜園など、家族をつなぎ、暮らしを豊かに。

ガーデニングや家庭菜園
コンセプトハウスは下記より
ご覧になれます
  • 8-1号地 3LDK
  • 8-2号地 3LDK
  • 9-13号地 3LDK
  • 9-14号地 3LDK
  • 9-15号地 3LDK
  • 9-16号地 3LDK
  • 9-17号地 3LDK
  • 9-18号地 3LDK