本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

積水ハウスが実践する戦略

株主・投資家の皆様とのコミュニケーション

株主・投資家の皆様に対し、経営情報について、各種の法定開示のみならずプレスリリースやホームページ等 さまざまな手段を通じて積極的かつ公正に開示しています。また、面談など直接的なコミュニケーションによる 積極的な対話にも努め、皆様からいただく意見を経営判断の参考としています。
これらの活動を通じて、株主・投資家の皆様に企業価値を適正に評価していただけるよう努めています。

見学会・説明会

株主様向けの見学会を総合住宅研究所で開催し、研究施設の見学や、「納得工房」での体験学習を通じ、参加の皆様に当社への信頼を高めていただきました。

投資家様に対しては、各地で開催している会社説明会・セミナーなど、事業内容への理解を深めていただく機会を設けています。さらに企業・IR情報を掲載したホームページや株主様向けの事業報告書「ビジネスレポート」においても、経営戦略や経営計画について分かりやすく説明しています。

「総合住宅研究所」見学会の様子

「総合住宅研究所」見学会の様子

会社説明会・セミナーの様子

会社説明会・セミナーの様子

単元株

株主・投資家の皆様にとって投資しやすい環境を整備し、株式の流動性の一層の向上を図ることを目的に、2013年12月2日に単元株式を100株へ変更しました。

インターネットによる議決権行使

株主総会の開催にあたり、総会に出席できない株主様を対象に、書面のほかインターネットからの議決権行使を実施し、利便性の向上に努めています。

株主様への利益還元 ~高配当と総還元性向の考え方の導入~

当社は株主価値の最大化を経営における重要課題の一つと認識して、持続的な事業成長による1株当たり利益の増大を図っています。各年度における利益またはキャッシュ・フローの状況や将来の事業展開等を総合的に勘案し、成長投資、配当、自己株式取得および消却の実施等、資産効率の改善を通じた株主利益の増進にも努めています。

以上の方針のもと、中長期にわたる高い利益配分の実現と経営の健全性を維持するため、中長期的な平均配当性向について最低40%を確保するとともに、当期純利益の20%をめどにした自己株式の取得を行い、株主様への総還元性向を60%とすることとしています。

2015年度は年間54円の配当により配当性向は44.9%となり、自己株式取得と合わせて株主様への総還元性向は68.6%となりました。

配当金(円)

配当金(円)

写真:新潟県魚沼産こしひかり

株主優待贈呈制度

決算期末現在1000株以上の当社株式を保有する株主様を対象として「魚沼産こしひかり5㎏」を贈呈しています。

贈呈品の寄贈

株主様へ贈呈する「魚沼産こしひかり」は、株主様の辞退や転居先不明などの理由で返却されるケースがあります。これらについては、株主様のご理解のもと、障がい者福祉施設や高齢者福祉施設・団体等へ、制度導入時から寄贈しています。

2015年度の寄贈 計4970kg

社会福祉法人名古屋手をつなぐ育成会(名古屋市)/社会福祉法人大阪手をつなぐ育成会(大阪市)/社会福祉法人仙台手をつなぐ育成会(仙台市)/医療法人社団ハート(茨城県ひたちなか市)/医療法人祥仁会(秋田市)/鵜浦医院(岩手県陸前高田市)/株式会社上島メディカルサービス(愛媛県越智郡上島町)/株式会社season(宮城県多賀城市)/社会福祉法人南台五光福祉協会(千葉県鎌ケ谷市)/一般社団法人花みずき(東京都八王子市)

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2016

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • 積水ハウスの公式Facebook
  • チャイルド・ケモ・ハウス
  • 住ムフムラボ
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 積水ハウス50年史