本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

活動2:住まいにかかわる資源の有効活用により、循環型社会の形成に寄与

循環型の社会づくり

廃棄物発生抑制(リデュース)

積水ハウスは、生産・施工現場等でゼロエミッション活動に取り組み、発生する廃棄物の100%リサイクルを長年にわたり継続し、循環型社会の形成に寄与しています。さらに、廃棄物の発生量そのものを抑制(リデュース)する取り組みを進めています。

工場生産における廃棄物発生抑制への取り組み

生産工場(国内5工場)では、購入原材料を効率よく使うことにより、廃棄物の発生を削減・抑制する取り組みを積み重ねている、一方で生産品種の構成比率の変化、汚泥排出量の増加などが影響し、目標を達成することができませんでした。

  • 木パレットなどのリユース(メーカー返却)、リペア(補修)による再利用
  • 工程内異常の発生抑制を含めた歩留まり向上(廃棄物発生の抑制)
  • 塗装工程スプレーのサイドカット・前後カット(無駄吹きのon-off制御)
  • 床パーティクルボードの割り付け基準変更による歩留まり向上
  • 鉄梁の原材料長見直しによる歩留まり向上
  • ロール成型工程伸び率自動補正システムによる調整廃材削減

これら一連の取り組みにより、生産品種の構成比率の変化、汚泥排出量の増加の影響を抑え2016年度の廃棄物発生量(出荷床面積原単位)は、前年度比1.2%削減目標に対し、0.3%増(3.31kg/m²→3.35kg/m²)となりました。

生産における廃棄物量推移

グラフ:生産における廃棄物量推移

  • ※ 新設した外壁製造ラインからの廃棄物は含みません。

施工現場における廃棄物発生抑制の取り組み

新築施工現場廃棄物からの廃棄物は、工法の改善等により1棟当たりの発生量は1999年度比約6割の大幅な削減を実現しており、近年は施工合理化モデルを設定し、合理化モデルで確立したプレカット部材を一般のモデルに展開するなどの発生抑制にも取り組んでいますが、廃棄物の発生量が比較的多い3・4階建て賃貸住宅、戸建では木造住宅「シャーウッド」の販売比率が増えていることも影響し、廃棄物の1棟当たりの発生量はほぼ同等に推移しています。

1棟当たりの廃棄物量の推移

グラフ:1棟当たりの廃棄物量の推移

  • 1999年 当社環境未来計画発表(ベンチマーク)
  • 2002年 工場ゼロエミッション達成
  • 2005年 新築ゼロエミッション達成
  • 2011年 実測システム全国稼働開始
  • 2013年 低層アパート石膏ボードプレカット標準化など
  • 以降、新規モデルにおける経済設計、安定した標準施工の維持、最適な施工などに努め、発生量の増加を抑制しています。
  • CSV戦略① 住宅のネット・ゼロ・エネルギー化
  • CSV戦略② 生物多様性の保全
  • CSV戦略③ 生産・施工品質の維持・向上
  • CSV戦略④ 住宅の長寿命化とアフターサポートの充実
  • CSV戦略⑤ ダイバーシティの推進
  • CSV戦略⑥ 海外への事業展開

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2017

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史