本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

活動報告

循環型の社会づくり

広域認定制度を利用したゼロエミッション

積水ハウスは建設業界として初めてとなる「広域認定」を2004年に取得。施工現場で27種類に分別した廃棄物を資源循環センターへ回収し、最大80種類に再分別した上で100%の再資源化を行うゼロエミッションを達成し維持しています。

広域認定証

産業廃棄物、都道府県ごとに許可を得て処理することが原則とされています。しかし、回収やリサイクルの仕組みが高度に整備され、環境大臣が認めた場合に限り、自治体をまたがって産業廃棄物を輸送、処理することができる「広域認定制度」と呼ばれる制度があります。従来、多様で複雑な廃棄物の発生する建設業界での認定取得は困難であるとされていましたが、当社は2004年に建設業界としては初めてこの認定を取得。全国各地に分散している施工現場で27種類に分別した廃棄物を、都道府県の枠を越えて自社施設の資源循環センターへ回収。資源循環センターで最大80種類に再分別した上で100%の再資源化を行うゼロエミッションに取り組み、これを達成し、維持しています。

施工現場ゼロエミッションの核として機能する資源循環センター

当社は、全国の施工現場で日々発生する廃棄物のゼロエミッション(産業活動により排出される廃棄物・副産物すべてを資源として再活用し、社会全体として廃棄物ゼロを目指す取り組み)を達成しています。この施工現場ゼロエミッションの取り組みの核となるのが、2003年から全国各地の生産工場等に開設した「資源循環センター」です。

「資源循環センター」では、廃棄物回収のための配車指示から、委託するリサイクル業者の統括など一連の流れを管理しています。また、センター内では搬入した廃棄物をさらに最大80種類程度にまで再分別。複合物の単一素材への分解や、素材ごとに圧縮、加熱などによる減容を行うことで、外部の委託業者を含めたリサイクルルートに乗せられる状態にしています。

【資源循環センター所在地】計20カ所。工場併設資源循環センター4カ所、その他資源循環センター16カ所

廃棄物の移動及び処理に関する高度な管理体制

廃棄物の移動の管理

産業廃棄物の処分の際には、マニフェスト伝票を用いた管理が義務付けられています。当社は「広域認定」を取得したことで、これに代わる管理体制を構築し、当社独自の「ぐるっとメール」システムを運用しています。このシステムは、携帯電話などの端末から廃棄物の発生現場や発生量等の情報を入力し管理するものです。従来のマニフェストシステムでの運用よりも管理面での作業が軽減し、資源循環センターまでの廃棄物移動情報の一元管理が可能となりました。

この「ぐるっとメール」システムをさらに拡充させたのが、ICタグデータベースです。試験導入の実績を踏まえた上で、「ICタグ」を活用したシステムの全国展開を2010年11月に完了しました。

ICタグデータベースは、新築施工現場で27種類に分別された専用の回収袋ごとにICタグを取り付け、携帯情報端末(PDA)でのタグ読み取りや、無線でつながっている計量器で重量計測することにより、より正確に廃棄物発生量の把握を可能としたシステムです。

①27分類、②ICタグ取付、③回収依頼、④ICタグ読取、⑤集荷・運搬、⑥荷降ろし、⑦読取・測定、⑧80分別・リサイクル

世界初、ICタグを利用した、廃棄物管理
2010年11月に全国展開完了

処理先の確認

資源循環センターでは、廃棄物の処理委託に当たりリサイクル業者が質的・量的に処理する能力と、ゼロエミッションの定義や広域認定制度を踏まえた当社の取引先としての適性を見極めるため、施設の処理能力、内容、工程、最終リサイクル先の総合的なチェックを行っています。

具体的には、その業者が取得した許可の確認はもとより、安定した財政基盤を保持しているかの財務諸表の確認、再資源化処理の工程能力確認、定期的な施設の現地調査などを実施し、ゼロエミッションシステムを維持管理(選定時チェック・継続チェック)しています。

【木質原材料化(パーティクルボード・合板・製紙原料・燃料チップ)】30%、【石膏ボード原料・ライン材(ラインマーカ用石膏粉)】25%、【再生クラッシャラン】10%、【金属原料】5%、【サイディング・外構部材原料】4%、【その他原料・原燃料化】26%

<再生品比率>

ゼロエミッション活動の歩み

2004年 9月 建設業界として初の「広域認定」を取得 <業界初>
2005年 7月 新築施工現場ゼロエミッション達成 <業界初>
2006年 3月 アフターメンテナンス施工現場ゼロエミッション達成 <業界初>
2007年10月 リフォーム施工現場ゼロエミッション達成 <業界初>
2009年10月 4部門(工場・新築・アフター・リフォーム)ゼロエミッション達成にて リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰事業 内閣総理大臣賞 受賞

以降、ゼロエミションを維持継続

  • CSV戦略① 住宅のネット・ゼロ・エネルギー化
  • CSV戦略② 生物多様性の保全
  • CSV戦略③ 生産・施工品質の維持・向上
  • CSV戦略④ 住宅の長寿命化とアフターサポートの充実
  • CSV戦略⑤ ダイバーシティの推進
  • CSV戦略⑥ 海外への事業展開

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2016

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • 積水ハウスの公式Facebook
  • チャイルド・ケモ・ハウス
  • 住ムフムラボ
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 積水ハウス50年史