本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

活動1:お客様の暮らしを長期にわたってサポートし、住宅の資産価値を維持・向上

長く使う住まい

優良ストック住宅流通

住宅の品質向上と長寿命化を目指し、積水ハウスは「優良ストック住宅推進協議会」(会長:当社会長 和田 勇)に参加し、積水ハウスリフォームや積和不動産各社と共にグループ内で連携ながら「スムストック」の普及に努めています。

優良ストック住宅「スムストック」の普及に努めています

ロゴ:スムストック

優良ストック住宅の流通の活性化と適切な市場形成を目指して、当社を含む大手住宅メーカー10社は「優良ストック住宅推進協議会」を運営しています。同協議会が認定する住宅販売士が建物の構造(スケルトン)と内装・設備機器(インフィル)に分けて査定し、土地・建物別に価格を表示する独自の流通システムで「スムストック」の普及に努めています。当社グループでも「いえろぐ」を活用した「スムストック」の提案を推進。2016年は、11月に関西の住宅展示場10会場で開催されたイベントに参加するなど「スムストック」ブランドの普及に努めました。

グループ連携によりお客様満足度の向上を目指します

当社カスタマーズセンターと積水ハウスリフォーム、積和不動産の当社グループ各社が連携して「スムストック」の普及を図っています。2016年度の実績は、物件査定が減少し2165件(前年比4.5%減)となりましたが、売却契約は増加し809件(前年比9.3%増)となりました。よりお客様にご満足いただけるよう、今後も当社グループ一体となり、リフォーム工事を含めトータルな提案に今後も努めていきます。

図:グループ連携によりお客様満足度の向上を目指します

「スムストック査定」による住まいの価値評価

一般査定では、建物は築20年程度でほとんどゼロ査定となりますが、スムストックではスケルトンとインフィルの耐用年数をそれぞれ50年と15年に分け、部位別に建物本来の価値を評価します。

グラフ:「スムストック査定」による住まいの価値評価

スムストックの三つの条件(優良ストック住宅推進協議会ホームページより引用)

① 住宅履歴
新築時の図面、これまでのリフォーム、メンテナンス情報等が管理・蓄積されている
② 長期点検メンテナンスプログラム
建築後50年以上の長期点検制度・メンテナンスプログラムの対象になっている
③ 耐震性能
「新耐震基準」レベルの耐震性能がある
  • CSV戦略① 住宅のネット・ゼロ・エネルギー化
  • CSV戦略② 生物多様性の保全
  • CSV戦略③ 生産・施工品質の維持・向上
  • CSV戦略④ 住宅の長寿命化とアフターサポートの充実
  • CSV戦略⑤ ダイバーシティの推進
  • CSV戦略⑥ 海外への事業展開

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2017

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史