本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

活動1:先進の技術で、さらなる安全・安心・快適を実現

スマート ユニバーサルデザインの推進

積水ハウスの「ユニバーサルデザイン」

積水ハウスは、1960年の創立以来、「生涯住宅思想」に基づき、時とともに変化する人の身体特性などを考慮した安全性と、誰にでも使いやすい住まいづくりを一貫して追求してきました。そして、2002年、「SH-UD(積水ハウス ユニバーサルデザイン)」という独自の基準を確立し、2010年からは「心地よさ」まで追求した「スマートユニバーサルデザイン」を推進しています。

これまでの取り組み

写真:1999年「ケアリング企業賞」受賞

1999年「ケアリング企業賞」受賞

1975年、初の高齢者・身体障がい者配慮住宅を建設、1981年には日本初の「障がい者モデルハウス」建設にも参画しました。さらに、1990年には総合住宅研究所に「納得工房」を設置、さらなる研究を進め、こうした取り組みが評価され、1999年には国連の外郭団体より「ケアリング企業賞」を受賞しました。

これらの取り組みで培った実績と研究成果を生かし、2002年には顧客ごとに異なる要望に応えながらも「安全」で「使いやすい」デザインを実現するため、ユニバーサルデザインシステム「SH-UD(積水ハウス ユニバーサルデザイン)」という独自の基準を業界で初めて確立しました。そして、2002年の「積水ハウスユニバーサルデザイン宣言」以来、「モノづくり」「人づくり」「場づくり」の3つを柱に、住宅のユニバーサルデザイン化を推進するとともに、「人づくり」の柱として、「SH-UDマスタープランナー」と名付けた社内資格認定制度を設け、認定者を全国の支店に配置しています。

「スマート ユニバーサルデザイン」

Smart Universal Design

「スマート ユニバーサルデザイン」とは、それまでの「SH-UD(積水ハウス ユニバーサルデザイン)」の考え方の基本となる「安全・安心」「使いやすさ」に加え、触感や操作感などに訴える「心地よさ」まで追求した、新たな当社独自の住空間デザインの提案です。

「スマート ユニバーサルデザイン」のコンセプト

家族の年齢や体格、体力の違いなど、長い生涯の中で家族それぞれの身体機能の変化に合わせ、将来にわたって安全で暮らしやすい住まいを提供することは、今や住宅の提案においては基本であるといえます。

当社の「スマート ユニバーサルデザイン」はこの基本的な考え方に加え、何気なく触れたときの感覚や日常のちょっとした操作性、ふと目にしたときの意匠の美しさなど、「からだやこころの素直な感覚=心地よさ」を大切にしたデザインの工夫を提案します。

「安全・安心」+「使いやすさ」+「心地よさ」の3つの視点から住宅の部材や設計手法の開発に取り組み、誰にとっても快適でいつまでも愛着を持って暮らし続けることのできる住まいづくりを追求していきます。

【心地よさ(COMFORTABLE)】触れごこちが良い・操作感良い・見た目が美しい、【安全・安心(SAFETY)】転びにくい・姿勢を保ちやすい・ケガをしにくい、【使いやすさ(EASY)】操作しやすい・スムーズ動ける・楽に作業できる

【関連項目】

2016年度の取り組み

ロゴ:「IAUDアウォード2016」

「IAUDアウォード」は、国際ユニヴァーサルデザイン協議会が、“一人でも多くの人が快適で暮らしやすい”UD社会の実現に向けて、特に顕著な活動の実践や提案を行っている団体・個人を表彰するものです。

写真:オリジナルユニットバス BCH-V ベンチスタイル

オリジナルユニットバス BCH-V ベンチスタイル

受賞作品:オリジナルユニットバス BCHーV ベンチスタイルの開発(住宅設備部門)

「オリジナルユニットバス BCH-V ベンチスタイル」は、日本人のさまざまな入浴スタイルに合わせ、座ったままの楽な姿勢でシャワーを浴び、身体を洗える可動式ベンチのあるユニットバスです。浴槽に入る際に可動式ベンチに一旦腰掛け、安定した座り姿勢で移動しながら入ることもできます。高齢者だけでなく、乳児をベンチに座らせて一緒に入る大人が身体を洗う行為も容易に行えるなど、使い勝手に配慮しています。

写真:安全配慮引き込み戸

安全配慮引き込み戸

受賞作品:安全配慮引き込み戸(住宅設備部門)

室内建具の「安全配慮引き込み戸」は、指はさみの危険性を少なくするように設計された引き戸です。引き残しがない引き込み戸は有効幅が大きく取れる半面、指をはさむ可能性があるなどの課題があります。当社では、引き手の形状や身体の動きの検討を重ねることで、分かりやすいシンプルな機構で手をかけやすく、引き込まれにくい形状を開発しました。安全性・操作性の向上を図りつつ、コストダウンを実現して戸建住宅の標準仕様としました。

受賞作品:把手レス収納開き扉(住宅設備部門)

部屋の空間をすっきり見せたいというニーズから、把手金物のない収納扉の人気が高まっていますが、扉の小口の浅いくぼみに指をひっかけて開け閉めするため、使いやすさに問題がありました。

「把手レス収納開き扉」は、扉の小口形状の工夫によりしっかりと指がかけられ、また、扉の枠が表に出ない「アウトセット納まり」を採用することで、意匠性にも優れています。吊り元側での指はさみを防ぐ空き寸法を設け、ソフトクローズ機能を付加するなど、安全性にも十分配慮がなされています。

写真:把手レス収納開き扉

把手レス収納開き扉

  • CSV戦略① 住宅のネット・ゼロ・エネルギー化
  • CSV戦略② 生物多様性の保全
  • CSV戦略③ 生産・施工品質の維持・向上
  • CSV戦略④ 住宅の長寿命化とアフターサポートの充実
  • CSV戦略⑤ ダイバーシティの推進
  • CSV戦略⑥ 海外への事業展開

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2017

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史