本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

活動1:先進の技術で、さらなる安全・安心・快適を実現

高品質な住まいづくり

安全性と工事の迅速化を両立する地盤補強工法「シャークパイル工法」

積水ハウスは、軟弱な地盤などに対して、先端に円形の羽根の付いた鋼管を回転して貫入し、硬質な支持層に到達させることで建物を支持する鋼管杭工法を開発。2015年8月には国土交通大臣の認定を取得し、高い信頼を得ている工法です。

2015年に開発した「シャークパイル工法」は、基礎工事で軟弱地盤を補強する、国土交通大臣認定の新工法です。地中に打ち込む鋼管杭の先端部分を拡幅させる独自の工夫で、鋼管杭1本当たりの支持力が従来の1.5~2倍に向上。必要強度を維持しながら、杭本数の削減により工数を減らせることで、工事の迅速化を可能にします。さらに、シャークパイル工法をより高耐力にした「ハイシャークパイル工法」との使い分けも可能となりました。豊富なラインアップにより、設計基準が厳しくなる4階建て住宅や大規模建築物にも対応できます。

2015年8月の切り替え以降、全国1500棟で「シャークパイル工法」による基礎工事を実施しました。

図:工法イメージ

工法イメージ

  • CSV戦略① 住宅のネット・ゼロ・エネルギー化
  • CSV戦略② 生物多様性の保全
  • CSV戦略③ 技術開発・生産・施工品質の維持・向上
  • CSV戦略④ アフターサポートの充実による住宅の長寿命化
  • CSV戦略⑤ ダイバーシティの推進
  • CSV戦略⑥ 海外への事業展開

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2017

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史