本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

CSV戦略⑥海外への事業展開 高品質でサステナブルな住まいづくり・まちづくりを広げ世界の安全・安心・快適な暮らしと地球環境保全に貢献する

重要なステークホルダー:現地デベロッパー、海外のお客様

背景

世界的にも高い水準にある日本の「工業化住宅」

この半世紀で日本の住まいづくりは大きく進展し、特に、工場で安定した高品質な部材を生産し、施工現場で組み立てる工業化住宅を提案・提供する企業群は、環境・省エネルギー技術や耐震技術、地域の方々の財産となるまちづくりのノウハウなどを蓄積してきました。これらの技術やノウハウは、世界的にも高い水準にあるといえます。環境・エネルギー問題は日本だけの問題ではなく、海外にも目を向けて環境・省エネルギー技術の開発に取り組むことは、国が掲げる成長戦略の強い推進力になり得ます。

一方、住宅はそこに住む人のライフスタイルを色濃く反映します。事業を展開する国・地域の文化や生活習慣などにきめ細かく対応した商品・技術・サービスを開発していく必要があり、それらを満たして初めて、世界の住宅水準の向上や地球環境保全に貢献していくことができます。

アプローチ

目指す姿

住まいづくりとまちづくりの技術・ノウハウで、「暮らしの快適」を実現し、世界を変えていく

2008年に国際事業部を新設した積水ハウスは、工業化住宅のトップランナーとして半世紀にわたり培ってきた高品質な住宅技術やサステナブルなまちづくりの思想、常にお客様の暮らしを第一に考える「お客様本位」の企業姿勢を生かして、当該国や地域の方々の財産となる開発(サステナブル・デベロップメント)を進めています。海外で事業を展開するに当たっては、それぞれの国の気候風土や文化、ライフスタイルをしっかりと研究し、求められるサステナブルな住まいやまちのあり方を理解した上で、上質で安全・安心・快適な暮らしを提供していくことを目指しています。

当社の省エネルギー技術を駆使した住まいづくりや生態系に配慮したまちづくりを海外に展開していくことは、地球環境保全においてもたいへん有意義であると考えています。その思いを、広く世界に向けて伝えるために、グローバルコーポレートメッセージ(下図)を掲げるとともに、グローバルサイトを構築し、発信しています。

家が世界にできること。

  • ※ 当社のグローバル事業に対する企業姿勢、取り組み、事業展開などを、国内外の実績や評価等とともに世界へ向けて発信しています。
    http://www.sekisuihouse-global.com/jp/

活動方針

「強み」を生かせる国・地域で、良質な住まいづくり・まちづくりを展開

現在、当社は米国・オーストラリア・中国・シンガポールの4カ国で海外事業を推進しています。いずれの国も安定した住宅需要の拡大が見込まれるとともに、当社が培ってきた「強み」を生かして、中高級層に向けた良質な住宅を提供しています。

工業化住宅技術や環境技術、トータルな提案力、きめ細かなサービス力といった当社の強みをベースに、現地の優良パートナー企業とも協力しながら「事業の現地化」を進め、各国のお客様の快適な暮らしづくりに貢献していきます。

アメリカ

旺盛な住宅需要が続く米国では、都市部へ車で30~40分の通勤圏にある郊外エリアの住民を対象とした「居住用不動産(コミュニティ型)事業」と、徒歩あるいは公共交通機関で職場に通う生活者に向けた「都市型賃貸住宅(マルチファミリー型)事業」の二つの開発事業を推進しています。

オーストラリア

人口増に伴い住宅需要が拡大するオーストラリアでは、東海岸の都市部を中心に、数千区画単位のまちづくり・マンション開発から、現地在来工法や積水ハウスの木造住宅「シャーウッド構法」による戸建住宅まで幅広く展開。サステナビリティに配慮した開発や高品質の商品・サービスで差異化を図っています。

中国

広大な中国では、上海の周辺都市の蘇州、無錫、太倉と、東北部の瀋陽で事業を展開しています。いずれも今後の安定的な経済成長と人口増が見込める地域であり、「裕沁(ユーチン)」のブランドで、各地域の気候や生活様式に対応したマンション、タウンハウス、商業施設などの開発を進めています。

シンガポール

人口密度の高い都市国家であるシンガポールでは、現地デベロッパーと共同でコンドミニアム開発を中心とした分譲住宅事業や、商業施設を含む複合開発事業を展開。2014年からは分譲オフィスの開発プロジェクトも始動しています。

活動が社会に及ぼす影響

 国や地域の実情を踏まえた事業戦略を立てながら、日本で培ってきた住宅技術やノウハウを駆使していくことは、現地の住環境改善や地球環境保全に貢献できると考えています。こうした当社の技術力・提案力が世界的に高く評価されることは、日本国内での当社のブランド価値向上にもつながります。

リスクマネジメント

リスク①日本とは異なる多様な現地ニーズ
対応①現地パートナー企業と提携するなど、各地域のニーズの把握に努めています。当社の理念・価値観を共有した現地パートナーと、共通の理念と問題意識のもとで各開発プロジェクトを進めています。
リスク②各国の法律や規制、政情
対応②事業を展開するすべての国・地域で法規制を遵守すべくグローバルでのコンプライアンス体制を強化するとともに、現地での環境に配慮した調達や製造・施工にも注力します。また、海外出張者や駐在員向けの危機管理マニュアル運用に加えて、出張者や駐在員が在籍する事業所長向けに「積水ハウスグループ海外危機管理ガイドライン」を作成しました。
リスク③海外子会社の経営管理
対応③海外子会社と国際事業部を中心に各国の専門家と協働して統制を図るとともに、本社組織として海外内部統制推進室を設置し、現地に赴いて研修を実施するなど、取り組み内容のレベルアップを図っています。
  • CSV戦略① 住宅のネット・ゼロ・エネルギー化
  • CSV戦略② 生物多様性の保全
  • CSV戦略③ 生産・施工品質の維持・向上
  • CSV戦略④ 住宅の長寿命化とアフターサポートの充実
  • CSV戦略⑤ ダイバーシティの推進
  • CSV戦略⑥ 海外への事業展開

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2016

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • 積水ハウスの公式Facebook
  • チャイルド・ケモ・ハウス
  • 住ムフムラボ
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 積水ハウス50年史