本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

活動1:「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」を拡大

居住時のCO2排出削減の取り組み

日本初のZEH分譲マンションを名古屋に計画

積水ハウスは名古屋市でネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(以下、ZEH)の高級分譲マンションを実現します。住宅街として人気の千種区内で、3階建て12戸規模の邸宅型マンションにおいて、2017年夏に着工し、2019年春に完成の予定です。

戸建住宅におけるZEH化が進みつつある中、住宅着工戸数の約半数を占め、住宅のCO2排出量の約3割を排出している集合住宅においても、ZEH化の動きが求められます。当社は時代を先取りし、いち早くこれに取り組み始めました。

当社の分譲マンション「グランドメゾン」は、単なる建物としての「集合住宅」ではなく、住まい手一人ひとりのライフスタイルを重視し、住まいが集まったかたちである「住宅集合」という考え方を基本としています。また、地域の生態系再生を目指す、当社の「5本の樹」計画に基づいた緑豊かな植栽帯を配し、年月を経るごとにより魅力的な住まいとなる「経年美化」を象徴する住環境づくりとして、外構には自然石による石積みを施し、住まいのみならず周辺環境との調和にも寄与します。

本計画では、都心に近い利便性や居住環境に優れた住宅街に「グランドメゾン」の基本思想に加え、国内で初めてZEH基準を達成する快適性を備えた環境配慮型の分譲マンションを目指しています。

本マンション計画では、「省エネ」の観点からLED照明等の各種省エネ設備を採用し、また窓のアルミ・樹脂複合サッシにアルゴンガス封入複層ガラスの採用等によって開口部の断熱性能を従来比2倍に高め、住戸単位の断熱性能を1.3倍~1.6倍まで高めます。また、 「創エネ」では全住戸において、平均4kWの太陽光発電システムと、燃料電池「エネファーム」を搭載。これらにより、全住戸でネット・ゼロ・エネルギーを達成します。さらに停電時には太陽光発電システムとエネファームの停電時発電機能(発電継続)による電力供給や、共用部に備える防災備蓄倉庫などの防災対策、エレベーターのフロア制御などの防犯対策により、安全・安心にも配慮した住まいを目指します。

  • ※ 「ZEHロードマップ検討委員会とりまとめ」(平成27年12月 経済産業省資源エネルギー庁)の「ZEH」の全要件を満たします。

当社はこれまでも、業界をリードする取り組みを環境大臣に約束する「エコ・ファースト企業」として、「グリーンファースト」ブランドで戸建や賃貸住宅での環境対策を推進してきました。高級分譲マンションの「グランドメゾン」ブランドにおいても、今後可能な物件のZEH化をはじめ、環境対策のレベルアップをより一層推進します。

図:完成予想図

完成予想図

図:ZEH仕様要素構成のイメージ

ZEH仕様要素構成のイメージ

  • CSV戦略① 住宅のネット・ゼロ・エネルギー化
  • CSV戦略② 生物多様性の保全
  • CSV戦略③ 生産・施工品質の維持・向上
  • CSV戦略④ 住宅の長寿命化とアフターサポートの充実
  • CSV戦略⑤ ダイバーシティの推進
  • CSV戦略⑥ 海外への事業展開

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2017

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史