本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

社会性目標と実績

【自己評価の基準について】

○ … 目標を達成 △ … 達成できなかったが目標に近付いた × … 目標に向けた改善ができなかった

CSR推進体制と浸透
Plan 2015年度目標 集合研修、e-ラーニングを継続し、CSR意識の向上を図る
Do 2015年度の活動内容 e-ラーニングを活用し、従業員一人ひとりのCSR活動の実践につなげた
Check 評価
Action 2016年度目標 集合研修、e-ラーニングを継続し、CSR意識の向上を図る
  関連する取り組み
Plan 2015年度目標 事業所ごとの目標と実績を活用し、PDCAサイクルを加速。取り組みレベルをさらに向上させる
Do 2015年度の活動内容 CSRへの取り組みの各分野における目標と実績を検証し、改善活動を推進することにより事業所ごとのレベル差を改善。CSR営業部会の運営方法にも改善を加えた
Check 評価
Action 2016年度目標 事業所ごとの目標と実績を活用し、PDCAサイクルを加速。取り組みレベルをさらに向上させる
  関連する取り組み
コンプライアンス・マネジメント
Plan 2015年度目標 各支店のマネジメント状況を検証。各種ツールの運用により、従業員全員のコンプライアンス意識を一層向上させる
Do 2015年度の活動内容 全従業員から「企業倫理要項」等を遵守する旨の誓約書を取得。「ガバナンス意識調査」を実施し、各事業所のマネジメント状況を検証した
Check 評価
Action 2016年度目標 従業員全員のコンプライアンス意識を一層向上させる
  関連する取り組み
Plan 2015年度目標 事業所責任者の率先垂範による自由闊達な職場風土づくりに注力
Do 2015年度の活動内容 事業所長が講師となり、ヒューマンリレーション研修を実施(全従業員が受講対象)。セクハラ・パワハラ相談窓口を全事業所に配置。研修を実施してスキルアップを図った
Check 評価
Action 2016年度目標 事業所責任者の率先垂範による自由闊達な職場風土づくりに注力
  関連する取り組み
Plan 2015年度目標 内部統制システムの運用徹底、リスクマネジメントを強化
Do 2015年度の活動内容 業務改善システムを適正に運用。
Check 評価
Action 2016年度目標 内部統制システムの運用徹底、リスクマネジメントの強化に引き続き取り組む
  関連する取り組み
社会とのコミュニケーション
Plan 2015年度目標 サステナブルな暮らしについて、多様なステークホルダーとさまざまなコミュニケーションを実施
Do 2015年度の活動内容 「積水ハウス エコ・ファースト パーク(関東工場)」「住ムフムラボ(グランフロント大阪)」「防災未来工場(東北工場)」などでサステナブルな暮らしについて、多様なステークホルダーとさまざまなコミュニケーションを実施
Check 評価
Action 2016年度目標 引き続き、多様なステークホルダーと対話機会を創出
  関連する取り組み
株主・投資家の皆様とともに
Plan 2015年度目標 中長期にわたる高い利益配分の実現と経営の健全性を維持するため、中期的な平均配当性向40%を確保。中間配当27円、期末配当27円の通期54円を予定
Do 2015年度の活動内容 配当性向は44.9%を確保。通期の1株当たり配当金は4円増配し、54円。株主を対象とした「住まいの夢工場」見学会や投資家対象のセミナー等を実施。
Check 評価
Action 2016年度目標 中長期にわたる高い利益配分の実現と経営の健全性を維持するため、中期的な平均配当性向40%を確保。中間配当32円、期末配当32円の通期64円を予定
  関連する取り組み
  •  

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2016

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • 積水ハウスの公式Facebook
  • チャイルド・ケモ・ハウス
  • 住ムフムラボ
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 積水ハウス50年史