本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

マネジメント

ヒューマンリレーション・人権擁護

ヒューマンリレーション研修

ヒューマンリレーション研修は、人権侵害を「しない・させない・ゆるさない」企業体質をつくるための全従業員対象の必須研修として年間3時間以上(推進委員は6時間以上)実施しています。

企業理念の根本哲学「人間愛」を実践し、自らの生き方を学ぶために

一人ひとりの従業員がコンプライアンス及び企業倫理要項を正しく理解し実践することによって、人権侵害を「しない・させない・ゆるさない」企業体質をつくるため、全従業員に対する必須研修として、年間プログラムに基づく「ヒューマンリレーション研修」を実施し、全5職種(営業・技術・事務・生産・特務)168職務の従業員は年間3時間以上、推進委員は年間6時間以上受講しています。研修後に受講者全員が提出するレポートは、人権・労働に関する職場の現状把握にも役立てています。この研修は、企業理念の根本哲学である「人間愛」の実践でもあり、自らの生き方を学ぶことにつながります。

推進委員で構成する「ヒューマンリレーション推進委員会」は積水ハウス単体で202(本社25、生産部門6、事業部門171)、グループ会社で33、計235組織が設置されており、2015年6月から2016年3月に、235組織すべてで「ヒューマンリレーション研修2015」が実施され、それぞれ従業員の95%以上が受講しています。

  • ※ 海外駐在の従業員や有期雇用となる派遣社員、パート、アルバイト社員等にも研修テキストを配布。研修への参加は各組織の判断に委ねています。

事例の研究・討議を通して各自の“気付き”を促しました

2015年度の研修は、「ストレスと上手に向き合う~ストレス・コーピング(対処法)によるセルフケア」をテーマに掲げ、「心」の健康を保ち、いきいきと働くために、ストレスをコントロールする意識と日頃のセルフケアの大切さを学びました。ストレスをどのように受け止め、どのように対処するかは個人差があるため、ストレス耐性力のチェックを行い、視聴覚教材を視聴し、自分が抱えているストレスに対するコーピング(対処法)を考えてもらうこととしました。また、推進委員研修では、職場風土の改善や不祥事の未然防止のために、推進委員が抽出した自らの職場の課題と「部下・同僚からの相談~あなたならどうする?~」を事例として研究し、職場環境をマネジメントする立場として部下とどのようなコミュニケーションを取ることが必要かを学びました。

単なる啓発活動ではなく、これらのテーマを会社のリスクに直結する問題としてとらえ、問題の兆しを徹底排除する方策や、知識・スキルを習得することが本研修の目的です。実際の事例について事前学習として個人研究を課し、集合研修ではグループ討議のかたちで考えることによって、各自の問題意識に基づく意見交換が活発になされ、“気付き”を得ることができたと考えています。研修のリーダーを事業所の責任者が務めることで、業務との連動も図りました。また、従業員の人権に関する知識の習得、意識の定着状況を確認するため、研修の全受講者にレポート提出を求め、それを分析することで次年度以降の人権推進活動方針の策定等に生かしています。

このほか、毎年8月に2泊3日でさまざまな角度から種々の人権問題について学ぶ「高野山夏期講座」(社外研修)を全国の支店長、技術次長、工場幹部従業員から選抜された幹部従業員が受講しており、2015年度は27人が参加。累計受講者は1159人となりました。

互いを尊重できる職場づくりを目指した研修を実施していきます

今後は、現在の研修を次のような考えに基づき、ブラッシュアップすることを目指しています。

  1. 自分自身としっかり向き合い、自分を認めると同時に他人も認めることで、働きやすい自由闊達な職場風土をつくるためのよりよいコミュニケーションを考える場となる研修とする。
  2. 引き続き事業所の責任者が講師となり、自身の人権感覚を高めつつ、日常業務と連動した自分自身の問題として考える場となる研修を実施する。
  3. 社内事案に基づく事例研究によって、人権問題をより身近なものとして感じられるようにし、一人ひとりの従業員がお互いを尊重し、企業理念の根本哲学である「人間愛」を常に意識し実践できるような研修とする。

写真:ヒューマンリレーション研修

ヒューマンリレーション研修

写真:ヒューマンリレーション研修テキスト

ヒューマンリレーション研修テキスト

研修体系

研修名称 対象者
マネジメント研修 職責者
ヒューマンリレーション全国推進委員研修 ヒューマンリレーション全国推進委員会委員
事業所推進委員研修 推進委員
従業員研修 全従業員
新入社員導入研修 新規採用になった従業員
社外研修(高野山夏期講座 ほか) 職責者等

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2016

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • 積水ハウスの公式Facebook
  • チャイルド・ケモ・ハウス
  • 住ムフムラボ
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 積水ハウス50年史