本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

マネジメント

対外活動

「エコ・ファースト推進協議会」の活動への参加

2014年4月から「エコ・ファースト推進協議会」の議長会社となり、環境先進企業をリードしていく立場となりました。環境省や他の「エコ・ファースト企業」と連携し、環境トップランナー企業群の環境保全活動の一層の充実・強化を推進しています。

「エコ・ファースト推進協議会」の第3代議長会社に

2009年12月9日、環境省から環境先進企業として認定されている「エコ・ファースト企業」が、自主的に運営・組織する「エコ・ファースト推進協議会」が設立されました。かねて環境大臣に個別に宣言している「エコ・ファーストの約束」の確実な実践と、先進性・独自性に富む環境保全活動のさらなる充実強化等を「エコ・ファースト企業」が連携して強力に推進していくことが設立の主目的であり、2016年2月1日時点の加盟社数は37社です。

2014年4月からは「エコ・ファースト推進協議会」の第3代議長会社(議長:当社会長 和田 勇)となり、環境先進企業をリードしていく立場となりました。国民の環境意識向上にも寄与すべく、環境省や他の「エコ・ファースト企業」と連携し、協議会活動に取り組んでいます。

写真:丸川環境大臣(右)と当社会長

丸川環境大臣(右)と当社会長

第6回「エコとわざ」コンクールを開催

写真:「エコとわざ」積水ハウス賞作品(新潟市立上山小学校6年 若井 理香 さん)「かっこいい もったいないと 言ったきみ」

「エコとわざ」積水ハウス賞作品
(新潟市立上山小学校6年 若井 理香 さん)
「かっこいい もったいないと 言ったきみ」

「エコ・ファースト推進協議会」は、環境省の後援、全国小中学校環境教育研究会の協力を得て、6月6日から9月8日まで、全国の小中学生から創作ことわざ「エコとわざ」を募集しました(2015年で6回目)。

2015年末に、国連気候変動枠組条約の第21回締約国会議(COP21)がフランス・パリで開催され、2020年以降の世界の気候変動・温暖化対策の大枠が合意される予定であった(COP21にて合意)ことから、「気候変動や地球温暖化を防ぐために私たちは何をしたらよいのか」を考える機会を子どもたちや一般消費者に提供し、国民の環境意識の啓発に寄与したいと考え、本コンクールのテーマに掲げました。

応募作品1529点(過去最高)を審査委員会で厳正に審査した結果、最優秀賞の「環境大臣賞」をはじめ、加盟企業賞の一つとして「積水ハウス賞」を表彰しました。

環境サークルの学生との交流の場「サステナブルカフェ」開催

11月21日(土)、大学生や大学院生と共に持続可能な社会づくりを考える「サステナブルカフェ」をキリン株式会社本社会議室にて開催しました。

環境活動サークルに所属する学生とエコ・ファースト推進協議会加盟企業の環境担当者が、「持続可能な社会を実現するためにできること」をテーマにラウンドテーブル形式のワークショップを実施。企業、消費者、地域といった3つの視点でグループに分かれてディスカッションして、お互いに出し合った意見をまとめて発表し合いました。

また、エコ・ファースト企業の環境取り組みを学生の皆さんに伝える「企業プレゼンテーションタイム」や、気軽に情報や意見を交換する「コミュニケーションタイム」を設け、お互いの考えへの理解を深めながら親交を図りました。

写真:企業の環境取り組みプレゼンテーション

企業の環境取り組みプレゼンテーション

写真:グループに分かれてディスカッション

グループに分かれてディスカッション

写真:アウトプットを発表して皆でシェア

アウトプットを発表して皆でシェア

関西本社のエコ・ファースト企業で「エコ・ファーストin関西」を組織し、活動中

関西に本社を置くエコ・ファースト企業10社(川島織物セルコン、クボタ、三洋商事、滋賀銀行、スーパーホテル、住友ゴム工業、ダイキン工業、ノーリツ、リマテック、積水ハウス)が「エコ・ファーストin関西」を立ち上げ、活動しています。3カ月に一度の情報交換会のほか、琵琶湖の外来魚駆除釣りボランティア活動や大学生との対話イベントを合同で実施するなど、「エコ・ファースト企業」のネットワークを拡げながら環境活動や事業活動でのコラボの可能性を探っています。

第3回 琵琶湖の外来魚駆除釣りボランティア活動(9月5日)

琵琶湖では、ヨシ群落の減少や外来魚増殖の影響で、昔から生息していたニゴロブナやホンモロコなどの魚が激減し、貴重で豊かな生態系が乱れています。関西の水源である琵琶湖で起きている問題を一人でも多くの方に理解していただくことを目的に実施。10社の社員とその家族239人(当社から49人)が参加し、1036匹の外来魚を釣り上げました。

第1回(2013年9月7日)は197人(当社41人)が参加し、釣果581匹

第2回(2014年9月6日)は241人(当社43人)が参加し、釣果803匹

写真:第3回 琵琶湖の外来魚駆除釣りボランティア活動

第3回 琵琶湖の外来魚駆除釣りボランティア活動

写真:10社の社員とその家族239人(当社から49人)が参加

10社の社員とその家族239人(当社から49人)が参加

大学生との対話イベント「環境おじさん御饒舌(おしゃべり)会」(1月9日)

「エコ・ファーストin関西」加盟10社がNPO法人エコ・リーグと協力して、1月9日(土)に大学生と企業のCSR・環境担当者との対話イベント「環境おじさん御饒舌(おしゃべり)会」を「おおさかATCグリーンエコプラザ」で開催しました。

イベントには関西の20大学から82名が参加してくれ、各社の環境取り組みのプレゼンを聞いた後、興味を持った企業と御饒舌(おしゃべり)をして、環境への想いをぶつけ合いました。イベント最後には、今日一日の御饒舌を通じて気付いたことを「○○な話、はじまりはじまり」とシートに記入して記念撮影。今後の生活に生かしていくことを宣言し合いました。

写真:環境おじさん御饒舌(おしゃべり)会

環境おじさん御饒舌(おしゃべり)会

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2016

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • 積水ハウスの公式Facebook
  • チャイルド・ケモ・ハウス
  • 住ムフムラボ
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 積水ハウス50年史