本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

マネジメント

対外活動

「エコ・ファーストの約束」と進捗

「エコ・ファースト」とは、企業が環境大臣に対し、地球温暖化対策、廃棄物・リサイクル対策など、自らの環境保全に関する取り組みを約束する制度です。積水ハウスグループは、2008年に「エコ・ファーストの約束」を宣言し、業界における環境トップランナー企業であることを環境大臣に認定されています。

時代の変化に対応し、「エコ・ファーストの約束」を更新

当社は2008年6月に環境省から「エコ・ファースト企業」として認定を受け、その後、着実に取り組みを進めてきました。2012年には、社会情勢の変化や取り組みの進捗を反映し、「温暖化防止」「生態系保全」「資源循環」という大きな枠組みはそのままに「エコ・ファーストの約束」を更新しました。

2015年度も約束の実現に向けて積極的に取り組みました。

2015年度の主な取り組み

1. 家庭部門及び事業活動に伴うCO2排出量削減を積極的に推進します

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス「グリーンファースト ゼロ」の拡販

賃貸住宅「シャーメゾン」への太陽光発電システム搭載

省エネ性能を高める既存住宅のリフォーム工事の推進

2. 生態系ネットワークの復活を積極的に推進します

「5本の樹」計画の推進

「木材調達ガイドライン」の運用

「積水ハウスの森」などの森林保全活動を推進

3. 資源循環の取り組みを徹底的に推進します

次世代型ゼロエミッションシステムの運用

「長期優良住宅」認定取得の推進

優良ストック住宅(スムストック)の普及推進

国民運動「COOL CHOICE」にいち早く賛同

2015年12月にパリで開催されたCOP21において、わが国は、2030年度の温室効果ガス排出量を2013年度比で26%削減することを約束しました。この目標に向けて、政府が旗振り役となって地球温暖化防止の国民運動を強化していくことが決定され、省エネ・低炭素型の「製品」「サービス」「行動」など、温暖化対策に資するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動が「COOL CHOICE」です。

当社も、エコ・ファースト企業としていち早く「COOL CHOICE」に賛同。家庭部門では約4割もの大きな削減が求められる中、この達成に向けて率先して取り組むことを宣言しました。新築住宅における「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の拡大、既存住宅の省エネリノベーションを通じて、生活者が「賢く選択」できる快適でエコな住宅を提案していきます。

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2016

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • 積水ハウスの公式Facebook
  • チャイルド・ケモ・ハウス
  • 住ムフムラボ
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 積水ハウス50年史