本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

環境

サイトレポート

関東工場

積水ハウス関東工場における2015年の使用エネルギー、資源使用量等を報告するとともに、工場で取り組んでいるCO2排出量削減、資源循環、生態系ネットワークの復活等の環境活動や社会貢献活動を紹介します。

写真:関東工場

〒306-0213

茨城県古河市北利根2番地

設立年月-1970年8月

工場総面積-309,547m²

工場主要建物総面積-114,243m²

最大生産能力-870棟/月

主なエネルギー・資源使用量

エネルギー・資源 単位 使用量
電気 MWh/年 18,564.4
灯油 kl/年 12.6
軽油 kl/年 34.3
LPG t/年 814.4
都市ガス 千m³/年 2,473.6
上水 千m³/年 18.9
地下水 千m³/年 431.2

排出物発生総量および主要品目(単位:t)

排出物 総量(t) リサイクル率 マテリアルリサイクル率
総量 6,111.4 100% 92.9%
廃プラスチック 149.6 100% 10.7%
木くず 1,203.6 100% 80.3%
金属くず 2,211.4 100% 100%
ガラス陶磁器くず 1,020.6 100% 100%
排出物 総量(千m³) 河川(千m³) 下水道(千m³)
排水 196.0 196.0 -

大気分析結果

排出物 単位 実測値 法規制値 自主基準値
NOx ppm 42未満 230 150
SOx m³N/h 0.015未満 2.677 1.704
ばいじん g/m³N 0.003 0.2 0.1

水質分析結果(第一工場)

排出物 単位 実測値 水濁
法規制値
条例/
協定等
自主基準値 最大数値
(参考)
PH - 7.96 5.8~8.6 5.8~8.6 6.0~8.4 8.1
全クロム mg/l 0 1 1 0.5 0
mg/l 0 3 3 1.5 0
フェノール mg/l 0 1 1 0.5 0
n-Hex mg/l 0.06 5 5 2.5 0.7
マンガン mg/l 0 1 1 1 0
mg/l 0.03 10 10 5 0
フッ素 mg/l 1.03 8 8 6 2.3
リン mg/l 0.13 16 16 8 0.2
窒素 mg/l 3.53 120 120 90 8.9
COD mg/l 5.41 - - - 11.6
BOD mg/l 1.83 25 25 15 6.5
SS mg/l 0.1 40 40 20 2.4
大腸菌 個/cm³ 1.25 3,000 3,000 1,000 15
亜鉛 mg/l 0 2 2 1.5 0
ほう素及び
その化合物含有量
mg/l 0 10 10 5 0
アンモニア、
アンモニウム化合物、
亜硝酸化合物
及び硝酸化合物含有量
mg/l 1.75 100 100 50 6
有機体炭素 mg/l 4.12 - - - 8.9
ATU-BOD mg/l 1.58 - - - 6.3
1.4-ジオキサン mg/l 0 0.05 0.05 - 0

水質分析結果(ダインパネル工場)

排出物 単位 実測値 水濁
法規制値
条例/
協定等
自主基準値 最大数値
(参考)
PH - 7.67 5.8~8.6 5.8~8.6 6.0~8.4 7.8
全クロム mg/l 0.02 1 1 0.5 0.16
mg/l 0 3 3 1.5 0
フェノール mg/l 0 1 1 0.5 0
n-Hex mg/l 0.08 5 5 2.5 1
マンガン mg/l 0.1 1 1 1 0.17
mg/l 0.1 10 10 5 0.56
フッ素 mg/l 0.02 8 8 6 0.2
リン mg/l 0.26 16 16 8 0.3
窒素 mg/l 1.4 120 120 90 2.6
COD mg/l 7.55 - - - 18.6
BOD mg/l 4.8 25 25 15 13.9
SS mg/l 2.77 40 40 20 10
大腸菌 個/cm³ 57.92 3,000 3,000 1,000 540
亜鉛 mg/l 0.01 2 2 1.5 0.02
ほう素及び
その化合物含有量
mg/l 0.03 10 10 5 0.06
アンモニア、
アンモニウム化合物、
亜硝酸化合物
及び硝酸化合物含有量
mg/l 0.03 100 100 50 0.33

特に記載のないものは報告対象期間である2014年2月~2015年1月の調査データです。

1. 生産時のCO2排出量削減の取り組み

工場生産時CO2削減を目指し、「生産性の向上」「省エネの推進」「省エネ機器への更新/改造」をテーマに活動を進めてきました。2015年は、具体的な施策として「照明LED化(第2工場・第3パネル工場・第3鉄工場)」や「第2塗装乾燥炉ジェット化」などの実施を致しました。

写真:照明LED化

照明LED化

写真:第2塗装乾燥炉ジェット化

第2塗装乾燥炉ジェット化

また、出荷輸送時のCO2排出量削減への取り組みとして、ラーメン柱の荷姿の改善や、トラス・野地複合の積み合わせ等の改善を実施し、積載効率の向上を図り出荷台数の削減を実施しました。ラーメン柱を荷台にならして積載することで、上部に階段用部材他を積み合わせる事が可能となり、積載効率が向上しました。

写真:ラーメン柱荷姿改善(従来)

(従来)

写真:ラーメン柱荷姿改善(改善後:現在)

(改善後:現在)

ラーメン柱荷姿改善

2. 資源循環の取り組み

前年に引き続き「材料歩留りの向上」「廃材の有効利用」「廃棄物の減量化」を3本柱として取り組みを進めました。中でも重量鉄骨造住宅向け梁の生産(一式)を2階層から4階層に変更することで、原材料への製品割付範囲を広げたり、パネル塗装での並列生産といった生産方式の変更で材料、塗装効率を向上させ、廃棄物の発生量を大幅に削減することができました。

歩留り向上は原価改善の上で2016年の主要テーマとしており、廃棄物削減につなげる観点からも特に注力します。

写真:パネル並列生産

パネル並列生産

写真:ミキサー内コンクリート付着防止

ミキサー内コンクリート付着防止

3. 生態系ネットワークの復活・社会貢献活動

「渡良瀬遊水地クリーン作戦」への参加、通勤車両削減など、地域清掃活動や環境保全活動を積極的に実施しました。 5月には「エコ・ファースト パーク」を工場内に開設。住まいと環境を学ぶ場として公開を開始しました。同施設では「Dr.フォレストの約束」「リサイクラー長官の分別体験」など小学生向け体験学習を開講し、子どもたちに生態系保全の重要性やリサイクルの仕組みを楽しく学ぶ場を提供しています。また、文部科学省認定スーパー・サイエンス・ハイスクールの見学や、建築・造園など住関連を学ぶ大学生の受け入れなど、将来を担う次世代育成をテーマとした「未来責任」を実践する場として運用しています。

写真:小学生による畳の分別解体体験

小学生による畳の分別解体体験

写真:親子巣箱作り体験

親子巣箱作り体験

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2016

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • 積水ハウスの公式Facebook
  • チャイルド・ケモ・ハウス
  • 住ムフムラボ
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 積水ハウス50年史