本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

環境

生産時のCO2排出削減の取り組み

生産時のエネルギー消費

積水ハウスグループは「エコ・ファースト企業」としての取り組みの一環として、住宅部材の生産する工場部門でもCO2排出量削減の取り組みを進めており、工場生産段階のエネルギー使用量原単位の改善を進めています。2015年度は、当社グループ国内6工場では、新設ラインの稼働が落ち着き、電力を中心にエネルギー使用量が減少し、出荷床面積当りのCO2排出量が改善しました。重油の使用はなく、灯油使用量は年々減少しています。

生産段階のCO2削減に注力

当社国内主力5工場(東北・関東・静岡・兵庫・山口)と2013年度8月に積和ウッドと事業統合した浅井工場(元静岡工場分工場)の合計6工場のデータを合算し、原単位を算出しています。これにより過去年度とのデータの連続性に配慮しています。当社中国工場(積水好施新型建材(瀋陽)有限公司)及び積和ウッド富山工場の使用エネルギーは含みません。

CO2排出量(国内6工場)

出荷面積当たりのCO2排出量(国内6工場)

エネルギー使用量(国内6工場)

電力使用量(国内6工場)

ガス使用量(国内6工場)

A重油・灯油使用量(国内6工場)

  • ※ 上記6工場での生産活動に係るCO2排出量は以下にて算定。
  • エネルギー使用量については、電力購入量×電力の単位発熱量+Σ{各燃料使用量×各燃料の単位発熱量}にて算定。
    電力および各燃料の単位発熱量は、「プレハブ建築協会 エコアクション21 目標管理調査 調査票」の値を採用。
  • CO2排出量(t-CO2)については、電力購入量×CO2排出係数+Σ{各燃料使用量×各燃料のCO2排出係数}+上水道使用量×上水のCO2排出係数+下水排水量×下水のCO2排出係数、にて算定。
    電力のCO2排出係数、各燃料のCO2排出係数は、「プレハブ建築協会 エコアクション21 目標管理調査 調査票」の値を採用。

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2016

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • 積水ハウスの公式Facebook
  • チャイルド・ケモ・ハウス
  • 住ムフムラボ
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 積水ハウス50年史