本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

活動1:ダイバーシティの推進

子育てと仕事の両立支援

仕事と育児の両立サポート

育児休業制度、育児のための所定就業時間変更「短時間勤務制度」「勤務時間の繰り上げ繰り下げ制度」をはじめ、両立を支援する制度を導入しています。また、本人だけでなく、上司や同僚といった職場全体でサポートするシステムで活躍を推進しています。

「仕事と育児の両立サポートシステム」

図:「仕事と育児の両立サポートシステム」

2007年8月より、育児休業期間を子が3歳に達するまで取得できるように制度化しました。女性だけでなく、男性の育児休業取得を促し、家族や自分自身のために実りのある豊かな時間を過ごせるよう支援しています。

育児休業制度利用者数(短期間の利用を含む) 積水ハウスグループ合計

グラフ:育児休業制度利用者数(短期間の利用を含む)

育児のための所定就業時間変更「短時間勤務制度」「勤務時間の繰り上げ繰り下げ制度」

小学校3年生までの子を持つ場合は、最大1日2時間まで所定勤務時間を短縮することができる「短時間勤務制度」、また、小学校6年生までの子を持つ場合は、所定勤務時間を午前8時から(生産部門は午前7時半から)午後8時を限度として、15分単位で繰り上げ繰り下げできる「勤務時間の繰り上げ繰り下げ制度」があり、年々利用者が増加しています。

柔軟な勤務制度利用者数 積水ハウスグループ合計

グラフ:柔軟な勤務制度利用者数

  • ※ 積水ハウスリフォーム3社のリフォームアドバイザー(営業)に適用

「仕事と育児の両立いきいきフォーラム」を開催

育児中の社員や上司、育児休業中の社員を主な対象とした「仕事と育児の両立いきいきフォーラム」を定期的に開催しています。2016年は7会場約1000人が参加し、育児中もキャリアアップを目指し、自律的に働くために本人と上司がグループディスカッションを行うなど交流を図っています。以前は女性のみで「両立キャリアアップ勉強会」として実施していましたが、女性のキャリアアップには、本人と上司との関係性が重要との認識のもと、2015年より上司と本人の双方の参加に展開し、上司に対しての意識改革を強化しています。

写真:上司を交えたグループディスカッション

上司を交えたグループディスカッション

図:上司と女性社員とのビジョンの共有が大切

男女とも育児・家事促進ランチケーション

写真:「ランチケーション」

子育て中の社員を対象に情報共有の場として、月に一度、昼食会「ランチケーション」を開催。子育て中の他、経験者や、予定のある男女社員が参加しています。「男性育児者限定の日」を設けるなど、男女の別なく、仕事と家事・育児を両立する生活を推進しています。

在宅勤務(個別対応)

写真:「テレワーク活用の好事例集」

育児・介護中も能力を発揮して働けるよう本人にヒアリングのもと、各々の事情に最適な在宅勤務の個別対応を実施(2017年2月から制度化)。終日や一部の時間、育児・介護休業中などに利用可能です。短時間勤務の場合、在宅勤務で補完しフルタイムの時間を確保するケースもあります。

スマート パパママエイド

育児中であっても、意欲ある人がキャリアロスなく安心して働けるたけのサポートを拡充します。

  • 早期復帰の際の預け先探し「保活コンシェルジュ」
  • フルタイム勤務支援「ベビーシッター・一時預かり費用最大約70%会社負担」
  • 日曜対策/働き方選択肢拡張「パートナーシップスライド」「ファミリーフレンドリーデイ」

仕事と育児の両立支援ガイドブック「キャリママ応援バイブル」の発行

写真:「キャリママ応援バイブル」

2014年9月に復帰後の仕事と育児の両立支援を目的として、「キャリママ応援バイブル」を発行しました。保育園・保育サービスの情報や育児経験者の工夫・体験談を掲載しており、当社の社員ならではの不安や悩みへのヒントを得ることができる内容になっています。また、キャリママ応援バイブル内の「キャリアビジョンシート」を用いて休業前面談を行い、育児休業中の過ごし方や、将来の自分のありたい姿を育児休業に入る前から意識し、上司と共有することで、さらなる女性の活躍を支援しています。

マンガでわかる「仕事と育児の両立ガイド」を全社員に配布

写真:マンガでわかる「仕事と育児の両立ガイド」

2014年9月に「マンガでわかる仕事と育児の両立ガイド」を作成し、グループ全社員に配布しました。本人には制度活用に関する考え方やキャリアに対する意識醸成、上司には貢献度の高い仕事をするための支援の仕方等を記載し、妊娠期から復帰後の働き方まで、面談を中心とする本人と上司の適切なコミュニケーションの促進を図っています。併せて、男性の育児休業取得も促しています。さらに、マネジメント研修等のテキストとしても活用し、意識の浸透を図っています。

育児休業者支援プログラム「キャリママサロン」(WEBサイト)の開設

育児休業中でも利用可能なWEBサイト「キャリママサロン」を開設しました。社内情報の掲示、専用WEB画面による育児休業者同士のコミュニケーションを促進するほか、「メンター」と呼ばれる育児経験者が育児休業者のサポートをします。育児をしながら仕事でも活躍するメンターがロールモデルとなり、休業者からの質問や相談に応じます。身近に経験者がいない休業者でも、SNS内に相談できる相手がいることで、不安を解消しキャリアへの意識を持ち続けることができます。

画面:「キャリママサロン」

育児休業後の男女別復職率および定着率

「育児休業制度」を本当に意味のあるものにするためには、休業後復職し、定着をすることが重要です。

2016年度、当社において育児休業後の復職率は男性100%、女性95.8%でした。また定着率(2015年度に復職した従業員が12カ月後に在籍している割合)は男性98.6%、女性99.3%でした。

2017年度は育児休業中のさらなるコミュニケーションを図り、女性の復職率向上に取り組みます。

育児休業取得後の復職率

年度 男性(%) 女性(%)
2012 100 94.1
2013 100 93.0
2014 100 93.3
2015 100 93.5
2016 100 95.8

12カ月後の定着率

年度 男性(%) 女性(%)
2012 95.5 98.8
2013 100 100
2014 100 94.7
2015 100 95.4
2016 98.6 99.3

2016年度 育児休暇後の復職・定着に関する男女別人数(積水ハウス単体)

  男性(人) 女性(人) 合計(人)
育児休暇を取る権利を有していた従業員※1の総数 434 176 610
育児休暇を取った従業員※2の総数 360 175 535
育児休暇を取った後に復職した従業員※3の総数 144 136 280
育児休暇から復職し、復職後12カ月後の時点で在職している従業員※4の総数 142 135 277
  • ※1 2016年度に生年月日のある家族がいる従業員
  • ※2 2016年度に育児休業を開始している従業員
  • ※3 2016年度に育児休業から復職している従業員
  • ※4 2015年度に育児休業から復職し、復職後12カ月時点で在職している従業員
  • CSV戦略① 住宅のネット・ゼロ・エネルギー化
  • CSV戦略② 生物多様性の保全
  • CSV戦略③ 生産・施工品質の維持・向上
  • CSV戦略④ 住宅の長寿命化とアフターサポートの充実
  • CSV戦略⑤ ダイバーシティの推進
  • CSV戦略⑥ 海外への事業展開

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2017

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • エコ・ファーストの約束
  • ダイバーシティの推進
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 天空美術館
  • エコ・ファーストパーク
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 積水ハウスの公式Facebook
  • 積水ハウス50年史