本サイトではより多くの方に快適に利用して頂ける様に、アクセシビリティ面を充分に考慮したコンテンツの提供を心がけております。その一環として、閲覧対象コンテンツの全てにスタイルシートを使用して制作しております。現在閲覧に使用されているブラウザには、当方制作のスタイルシートが適用されておりませんので表示結果が異なりますが、情報そのものをご利用するにあたっては問題はございません。

コミュニティ

障がい者の自立支援

SELP(セルプ)製品の積極活用

積水ハウスグループは、SELP製品をノベルティーグッズとして継続的に活用することで、障がい者の自立と社会参加を支援しています。2015年度は、全国で計2万9595個を採用しました。

  • ※ 障がい者が社会福祉施設において、リハビリテーションや職業訓練、社会参加の実現を目的に働き、つくる製品のことです。
    「SELP」は英語のSelf-Help(自助自立)からの造語です。
    また、Support(支援)、Employment(就労)、Living(生活)、Participation(社会参加)の頭文字から成る語ともされています。

積水ハウスグループでは、住宅メーカーという、あらゆる人々の生活に携わる企業として、また、企業理念の根本哲学である「人間愛」に立脚した企業活動の一環として、SELP製品をノベルティーグッズとして継続的に活用し、障がい者の自立と社会参加を応援しています。

2000年から、認定特定非営利活動法人トゥギャザーと協働。全国各地の障がい者福祉施設でつくられた製品を購入し、ノベルティーグッズとして日本全国積水ハウスデー「住まいの参観日」などの各種イベントや、展示場の来場者にお渡ししています。お客様や地域の方々とのコミュニケーションの機会に活用することで、社員の意識啓発にもつながっています。

2015年度は、SELP製品をノベルティーグッズとして全国で計2万9595個採用しました。これまでの採用実績は累計29万個を超えています。

図:SELP製品のノベルティー採用

過去5年間のSELP製品の採用実績

2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
28,452個 35,045個 30,394個 24,869個 29,595個

写真:定番のエコバッグ。一番の人気商品です

定番のエコバッグ。一番の人気商品です

写真:吸水性に優れ、使いやすい蚊帳ふきん

吸水性に優れ、使いやすい蚊帳ふきん

写真:家の形のカードホルダー。木製と陶製があります

家の形のカードホルダー。木製と陶製があります

写真:東日本大震災被災地で生産されているキャンドル

東日本大震災被災地で生産されているキャンドル

ダウンロードライブラリ

Sustainability Report 2016

CSV(共有価値の創造)に向けた取り込み

  • 積水ハウスの公式Facebook
  • チャイルド・ケモ・ハウス
  • 住ムフムラボ
  • 5本の樹野鳥ケータイ図鑑
  • 従業員との共同寄付制度 積水ハウスマッチングプログラム
  • 積水ハウス50年史