サイトマップ
 

医療・介護 / 介護事業をお考えの事業者のみなさまへ

カテゴリトップ > サービス付き高齢者向け住宅に注目

今後、需要が高まる介護事業の新しいカタチ
サービス付き高齢者向け住宅に注目

「高齢者住まい法」の改正にともない、サービス付き高齢者向け住宅の登録が始まっています。国の支援も充実している今、事業参入のチャンスです。

事業者様ごとの「正解」を導き出すために。
豊富な実績の積水ハウスがお手伝いします。

 

基本となる「住まい(賃貸住宅)」にどのようなサービスを組み合わせるかによって、運営形態も、建物も、さまざまな可能性が考えられるサービス付き高齢者向け住宅。その自由度の高さゆえに、最適な事業のカタチを見つけにくい難しさもあります。積水ハウスは、200万戸を超える住まいづくりのノウハウと、医療介護分野での豊富な実績をもとに、事業者様ごとの「正解」をきめ細かくコンサルティング。事業の効果を最大限に発揮できるサービス付き高齢者向け住宅をご提案します。

 

積水ハウスのコンサルティング

  • 敷地条件に合わせた事業計画の立案支援
  • マーケティング調査
  • 建物の効率化
  • バリアフリーをはじめ高齢者向けの住まいづくり  など

運営方針や他事業者様との提携の有無、敷地環境などによって、「住まい」+「サービス提供」はさまざまな形態が考えられます。

「住まい」+「サービス提供」はさまざまな形態が考えられます

快適な住まいをつくることが、事業成功への第一歩。かなえるのは積水ハウスです。

高齢者の方々が快適に暮らせることは、「住まい」であるサービス付き高齢者向け住宅の重要な要素。将来まで選ばれ続ける上でも大切な視点です。積水ハウスは、ユニバーサルデザインなどの研究成果を活かし、高齢者にやさしい安心・安全・快適な居住空間を実現。運営効率性にも配慮しながら事業採算性とのベストバランスを実現するプランをご提案します。

サービスと住まいの分離のしかた

サービスと住まいの分離のしかた

「わが家」に暮らす満足と誇りを、高齢者向け住宅にも。サービス付き高齢者向け住宅[セレブリオ]CELEBLIO誕生。

サービス付き高齢者向け住宅の事業特性

「サービス付き高齢者向け住宅」は、「賃貸住宅」に様々な「サービス」を組み合わせ、高齢者のよりよい生活環境創造を目指した新しい住まいです。サービス提供の自由度の高さ、国の支援体制の充実などは、事業としての大きな魅力。提供するサービスによって多様な形態が考えられることも特徴です。

サービス付き高齢者向け住宅3つの事業メリット

  1. 医療ケアや介護ケアの複合化で自由なカタチのサービス展開ができる
    高齢者が地域で暮らし続けるために必要な介護ニーズを満たすサービスが望まれている。
  2. 助成金や税制面の優遇などが受けられる
    国は、2020年までに高齢者住宅の割合を高齢者人口の3~5%まで高める目標を挙げており、補助金も交付される。
  3. 民間の幅広い事業者が、介護ビジネスに参入しやすくなった
    「高齢者住まい法」改正により、サービス付き高齢者向け住宅で登録されると有料老人ホームの届出が不要になる。

応募・交付申請の期限は、平成25年2月末まで 詳しくはこちら

サービス付き高齢者向け住宅の条件

サービス付き高齢者向け住宅の条件

トータルサポート&コンサルティングで、
どんな業態でも理想的な事業を実現。
将来まで選ばれ続ける事業へ。
積水ハウスにご相談ください。

「わが家」に暮らす満足と誇りを、高齢者向け住宅にも。サービス付き高齢者向け住宅[セレブリオ]CELEBLIO誕生。

ページトップへ